鉾田市の激安畳張り替えは和室張替ファクトリーにお任せください。

引っ越しや、カビ、痛みが激しくなった畳など、畳を表替えされるお客様の事情は様々です。用途、ご要望に合わせた、お見積りを取らせて頂き、迅速に対応いたします。畳新調をお考えのお客様や、和紙畳・縁無畳など、様々な商品のお取りり揃えがございますのでご安心ください。

2000円畳張り替え

鉾田市の期間限定キャンペーン
激安価格で畳の張替え

畳価格表

鉾田市の畳のキャンペーン

全国対応お問い合わせから支払いまで画像
畳の張替え施工のながれ画像
0120088873

鉾田市と言えばメロンです

鉾田市」は、茨城県の南東部にある市です。面積はおよそ200平方kmと広く、現在の人口は4万7000人程度で、これは2005年の5万1000人をピークに減少傾向にあります。東京まで90km圏内で、東側は海に面しています。
「鉾田市」は、南北に長い遠浅の海岸線を持っています。内陸部のほとんどは平地で、さらに温かな気候を活かした「農業」が基幹産業となっています。ただし、冬場はかなり冷え込み、朝晩は氷点下になることもあります。
「鉾田市」には、セカンドハウス開発計画があったため、畑の中に買われたまま誰も住んでいない、簡単なつくりの住宅が点在しています。「鉾田市」には海水浴場などもありますが、特筆すべきは高台からの雄大な景色です。
「鉾田市」は、2005(平成17)年10月11日に、3つの町村が合併して発足しました。そんな「鉾田市」と言えば、農業産出額が全国で第5位を誇っているのです。特にメロンの生産・出荷量においては日本一に輝いています。
「鉾田市」では、その他にも、水菜・ゴボウ・さつまいもも日本一の生産量です。さらに、いちご・西瓜・トマト・ほうれん草・山芋など幅広い作物を育てています。「鉾田市」には、スーパーやコンビニ、飲食店、ホームセンター、家電量販店などのチェーン店も多数存在します。

メールでのお問い合わせはこちら

自社製造販売店による畳の張替え

畳の張替えを依頼するにあたって、自社製造販売店に作業をお願いをしたのでとても良かったと思っています。今までこういった作業を業者にお願いした経験がなかったので迷ったのですが、いいところを見つけることができました。
畳の張替えをしようと思ったのは、息子が来月婚約者を連れてあいさつに来ると言ったからでした。これまではそれほど傷みが気になることがなかったのですが、急に気になり始めて畳の張替えを依頼することにしたのです。
最初主人に相談をした時には笑っていましたが、畳の張替えをすることで部屋の雰囲気を変えることもできるだろうということで賛成してくれました。それで早速、張替え作業をお願いすることができる店を探してみたのです。
インターネットを利用して調べていたときに、今回依頼をした畳の自社製造販売を行っている店を見つけました。ここならば何も心配をすることがないだろうと思い、畳の張替えをしてもらいたいと電話をして見積もり依頼をしたのです。
見積も依り頼をした翌日には来てくれて、そこからはとんとん拍子で事が進んでいきました。 張替え後は新しい畳のいい香りがして、とてもすがすがしい気持ちになりました。そしてそのような中で息子の婚約者に会うことがかなったので、本当に良かったです。

鉾田市施工地域
阿玉・ 安塚・ 安房・ 下太田・ 下冨田・ 梶山・ 汲上・ 玉田・ 駒木根・ 串挽・ 江川・ 紅葉・ 荒地・ 高田・ 札・ 子生・ 鹿田・ 借宿・ 秋山・ 舟木・ 勝下・ 勝下新田・ 上釜・ 上太田・ 上沢・ 上幡木・ 上冨田・ 常磐・ 新鉾田・ 新鉾田西・ 菅野谷・ 青山・ 青柳・ 造谷・ 台濁沢・ 大戸・ 大蔵・ 大竹・ 大和田・ 滝浜・ 沢尻・ 中居・ 鳥栖・ 田崎・ 塔ケ崎・ 湯坪・ 当間・ 徳宿・ 二重作・ 柏熊・ 柏熊新田・ 白塚・ 半原・ 飯島・ 飯名・ 鉾田・ 箕輪・ 野友・ 冷水・ 樅山・ 烟田
  • 鉾田市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)

    176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

  • 鉾田市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)

    片面90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)

    もっと詳しくみる

  • 鉾田市格安障子張替え
    1,400円(税別)

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)

    もっと詳しくみる

  • 鉾田市格安あみど張替え
    1,400円(税別)

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
お問合せはお気軽にどうぞ