高座郡寒川町あみどの張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

高座郡寒川町で網戸が破れていたり、開けにくくなった場合、お気軽に張り替えをご依頼ください。1枚から張り替えさせていただきます。網戸の種類も数多くお取り揃えございます。お見積もり時にカタログをお持ちしますのでご予算に応じたお見積りを取らせていただきます。ペット用の強度が高いタイプや、外から見えにくい網、メッシュが細かく虫が入ってきにくいものなど様々です。1400円(税込1540円)のキャンペーン商品の網戸は一般的な商品になりますが、それ以外の網戸商品もございますのでおきがるにお問い合わせください。

期間限定キャンペーン
激安価格で高座郡寒川町あみどの張替え

あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
あみどの張替え工程、あみど交換作業の流れ

寒川神社で有名な高座郡寒川町

高座郡寒川町は神奈川県のほぼ中央部に位置する町です。高座郡寒川町は相模川の東側に位置し、対岸の西側には厚木市と平塚市があります。山林の多い神奈川県にあって高座郡寒川町は平地が多くを占めていて、高座郡寒川町内には縄文時代中期の岡田遺跡があります。岡田遺跡は同時代最大級の大規模集落遺跡で、弥生時代にも大蔵東原遺跡などが発掘されていて、古い時代から高座郡寒川町地域では人が生活していました。また高座郡寒川町は寒川神社の門前町としても有名です。寒川神社は相模国一宮とされる神社で、毎年正月三が日には高座郡寒川町はもちろん、関東地方を中心に約四十万人の参拝者が訪れます。寒川神社の祭神は寒川大明神と呼ばれる二柱で、日本書紀や古事記には記載されていない祭神で、どういった祭神なのか分かっていません。しかし寒川大明神は八方除の祭神とされていて、古代の時代から多くの信仰を集めてきました。創建された時代は不明ですが、続日本後記には846年に朝廷から従五位下の位を授かるという記載があり、この時代には既に創建され、朝廷からも重要視されていました。また平安時代の辞書に寒川という地名が初めて登場していて、これが高座郡寒川町のルーツになっています。

高座郡寒川町の名物は寒川神社と高座豚

高座郡寒川町は神奈川県を南北に流れる相模川の東側に位置し、多くの土地が平野になっている地域です。高座郡寒川町地域は古くから人が住んでいる地域で、旧石器時代の礫群などが発掘されています。現在でも高座郡寒川町内をJR相模線が走り、さがみ縦貫道路が通っていることから、都心や横浜へのアクセスが容易でベッドタウンとして多くの人が暮らしています。そんな高座郡寒川町には全国でも名前を知られている名物が二つあります。一つが寒川神社です。寒川神社は相模国一宮とされ、古代の時代から高い格式を持った神社です。創建された時代は不明で、五世紀後半とも八世紀前半ともされています。確実に確認できるのは九世紀中頃で、続日本後記に従五位下の位をもらったことが書かれています。少なくてもこの頃には格式の高さを確立していました。現在でも高座郡寒川町の人はもちろん、他の地域からも多くの人が参拝する場所になっています。もう一つの高座郡寒川町の名物はブランド豚・高座豚です。高座豚は明治時代から続くブランド豚で、かつては薩摩の黒豚と並ぶブランド豚でした。しかし成長が遅いことから高度経済成長期頃から生産量が減り、一時は幻の豚とまで呼ばれてしまいます。しかし1980年代に高座郡寒川町の養豚家が高座豚復活のために立ち上がります。その甲斐あって現在では全国でも名を知られる、高座郡寒川町の名物になっています。

幻の豚・高座豚を生産する高座郡寒川町

高座郡寒川町は神奈川県中央部を流れる相模川東側にある町です。高座郡は日本書紀に記載されている高倉郡と同一のもので、八世紀前半に高座郡に改名されたという古い郡です。現在では郡に属しているのは高座郡寒川町のみですが、かつては綾瀬市や海老名市、それに相模原市や藤沢市の一部を含んだ非常に広い郡でした。国府が置かれていた可能性もある相模国の中心都市で、高座郡寒川町には相模国一宮の寒川神社が鎮座しています。そんな高座郡寒川町ですが、高座の名前を冠する名産品・高座豚が高座郡寒川町を始め、旧高座郡で生産されています。高座豚の始まりは明治時代で、海外から訪日する外国人の豚肉需要に応えるために、養豚が行われるようになりました。高座郡寒川町を始め、旧高座郡地域は豚のエサとなる良質なサツマイモが獲れることもあり、その風味や質の高さから外国人のみならず、日本人からも人気が出て、全国で知られるようになりました。しかし一頭あたりの肉量が少ない高座豚は、戦後高度経済成長期以降の豚肉需要の高騰についていくことができず、1970年代には幻の豚と呼ばれるようになってしまいます。それが1980年代に高座郡寒川町など、旧高座郡の養豚家が高座豚を復活させるために手を取り合い、試行錯誤のすえ商業生産されるようになりました。現在では高座郡寒川町など旧高座郡はもちろん、それ以外の地域でも生産されるに至っています。

高座郡寒川町施工地域
一之宮 大蔵 大曲 岡田 倉見 小谷 小動 田端 中瀬 宮山
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ