横浜市南区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

横浜市南区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

下町文化と桜花咲く南区

横浜市の南区は、区の中心部を流れる大岡川と変化に富んだ七つの丘に囲まれたまちです。横浜市の中でも人口密度が最も高い区でもあります。南区内では数箇所の古代遺跡が発掘されていて、区内を流れる大岡川流域は古代から人々が暮らしやすい場所だったと考えられています。この大岡川沿岸部は「大岡川プロムナード」が整備されていて、桜の名所として有名です。桜の他にも四季を通して魚や水鳥などを楽しむことができる南区民の憩いの場所となっています。南区は、下町情緒が生き続ける人情味の豊かな活気のあふれるまちです。例えば、横浜市の区の中で唯一、銭湯の案内マップを作成したり、下町グルメを堪能してもらえるように「南区お惣菜マップ」を作成したりしています。大岡川沿岸の自然を散策し、下町グルメに舌鼓をうち、銭湯でさっぱり汗を流す、という休日の過ごし方はいかがでしょうか。南区の花はさくらです。またマスコットキャラクターは、桜の花びらをもちーふとした「みなっち」という桜の妖精です。南区内には樹齢30年以上で、樹容がすぐれ地域住民に親しまれていたり、古事や由緒のある地域のシンボルとしてふさわしい桜を、「さくらの名木」として指定し守り育てていくという取り組みを行っています。少しでも多くの桜と自然が守られていってほしいものです。

メールでのお問い合わせはこちら

神奈川県横浜市南区の魅力

神奈川県横浜市南区の魅力は沢山ありますが、車屋呉服店などは日本らしい感じがして好きですね。着物や浴衣の着付けはもちろん、和服のレンタルサービスなどをしているところで、日本人とはいえ現在ではなかなか和服を着る機会も少なくなっていますから、車屋呉服店でいつでも和服を楽しみながら記念撮影なども出来ますよ。浴衣は夏の花火大会くらいですし、着物なんて成人式とかくらいですよね。日本人ですし和服に興味ある方などは、南区の車屋呉服店で和服を堪能してみて下さい。南区を和服で歩いてみたりするのも楽しいと思いますよ。南区には横浜市こども植物園もありますね。バラがキレイな公園で、色々な植物があるんですよ。自然が感じられるスペースで、植物の息吹を楽しめます。名前には子供とついていますが、大人でも楽しめる場所なので安心して下さい。南区のデートスポットとしても最適だと思いますし、家族連れで行くのも良いですね。自然がとてもキレイなので、女性などにも人気があると思います。このように南区には魅力溢れる場所が沢山ありますので、立ち寄ってみて下さいね。和服と植物がおすすめな場所ですが、日本人らしい感じがして癒されること間違いないですよ。

日本で初めてせっけんが製造された南区

神奈川県横浜市南区は1943年12月1日、第二次世界大戦のさなか配給制度の手続きの軽減のために中区から寿・大岡両警察署管内の各町を分離して誕生した区です。南区内では、弘明寺遺跡や殿ヶ谷遺跡などの遺跡が数か所で発掘されており、古くから人が居住していたことが分かっています。江戸時代のこの地域は、区の中央を流れる大岡川の恵みをもとに農村地帯となっていました。横浜港の開港以降、新しい文化、産業、技術などが発展していきました。1873年には、南区の万世町で日本初のせっけんが製造されました。さらに横浜で初めての小学校が開設され、南区にも3つの小学校(大岡・石川・太田小学校)がつくられています。1914年に南区の弘明寺まで路面電車が開通し、市街地として発展していきました。1923年の関東大震災で大きな被害を受けますが、復興による区画整理によって現在の南区の街並みに近い形が出来上がりました。第二次世界大戦時には度重なる空襲によって横浜市内でも最も大きな被害を受けましたが、戦後徐々に復興し活気を取り戻しました。1969年には人口増加のために南区の南部(港南支所管内)を港南区として分離し、現在の南区となっています。

賃貸でも襖の張替えを楽しむ方法

古いタイプの賃貸住宅には和室がついていることが珍しくありません。これは洋風のインテリアとはどうにもなじまないため、どうにかならないかと考える人はたくさんいます。 しかし、賃貸住宅は原則として退去時に元に戻すものだとされています。襖を下手に張替えると、余分に費用を取られることになるため、やむを得ず我慢している人が多いというのが現状です。 では、賃貸住宅では襖の張替えを楽しむのは不可能なのかと言えば、そうではありません。壁紙やマスキングテープを使えば、それは可能になっています。 方法は至ってシンプルです。下地としてマスキングテープを貼り、その上から壁紙を両面テープでくっつけるのです。 これならば襖の張替えを簡単にできる上に、何かあってもすぐに元の姿に戻すことが可能となります。 これと似たような手法として、襖を布に張替えるというのがあります。こちらは縁を外して布を巻き込むだけなので、同じく元に戻すのは簡単です。 枠が外せないタイプだというのなら、端に両面テープを貼りましょう。こちらも剥がせば元の姿に戻せるので、心配いりません。 襖の張替えと言えば、専門家以外は難しいというイメージがありますが、これらの方法を使えば素人にも可能となります。

  • 横浜市南区激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市南区格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 横浜市南区格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市南区格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ