さいたま市中央区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

さいたま市中央区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

全国に提携店が有ります
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

さいたま市中央区の概要

さいたま市中央区はさいたま市の中央部からやや西寄りに位置する行政区の1つです。区域のほとんどが、さいたま市に合併する以前の与野市に相当します。面積は8.39平方キロメートルでさいたま市の10区のうち最も狭い面積となっています。その区域のほとんどが住宅地となっています。東京へのアクセスなど交通の便が良く、埼京線、京浜東北線が乗り入れており東京への通勤、通学者のベッドタウンという性格が強く出ています。中央区の人口はここ15年徐々に増え続けており、活気のある街と言えるでしょう。また中央区には東京都心の機能を持つ新都心として再開発が行われた「さいたま新都心」があり、多くの公共施設や商業施設が集中しており、さいたま市を支える中枢機能を持っていると言えます。その中でも特に目玉の存在なのが「さいたまスーパーアリーナ」です。こちらの施設はスポーツや格闘技、コンサートやその他のイベントなどに活用される複合施設です。これまでも多くのイベントなどが行われ、多くの活気を与える中央区の星と言って過言ではない施設です。そのほか新都心以外にも中央区には名所があります。その1つが「与野公園」です。こちらは広大なバラ園が有名で区の花であるバラのモデルにもなっています。バラの見ごろには多くの見物客が訪れます。

メールでのお問い合わせはこちら

近未来的な新都心と七福神が見守る「さいたま市中央区」

"さいたま市中央区は、その名の通りさいたま市の中央部にある区です。かつての「与野市」とほぼ同じ地域に当たります。大宮と浦和に挟まれたこの地域はあまり目立たない場所でしたが、さいたま新都心の開発で大きく様変わりました。さいたま市の誕生以降、与野の街は「中央区」と名を変え現在に至っています。 中央区といえば、何と言ってもさいたま新都心が有名です。国の出先機関が多く入居する合同庁舎があるほか、さいたまスーパーアリーナではほぼ毎日のように何らかの催し物が行われています。アリーナ前には埼玉県の木であるケヤキが植えられた「けやきひろば」があり、中央区民のみならず新都心を訪れる人々の憩いの場となっています。 伝統的な中央区(旧与野市)の中心街はJR埼京線の与野本町駅周辺にあり、閑静な住宅街が立ち並んでいます。与野の街はその昔、脇往還の宿場町として栄えた歴史があり、「与野七福神」と呼ばれる伝統的な7つの寺社があります。七福神が祀られた7つの寺社はいずれも中央区内にあり、1日もあれば七福神めぐりを終えることができるでしょう。また与野本町駅の西側には明治10年に開園した「与野公園」があります。与野公園は約3000株のバラが植えられたバラ園が有名であり、毎年5月には「ばらまつり」が開催されます。また桜の木も多く植えられており、3月下旬から4月上旬にはお花見を楽しむこともできます。"

襖の張替えで部屋の雰囲気が変わる

"襖は日本独自の部屋の仕切りとして古くから使われています。襖が引き違いで使われるようになったのは鎌倉時代で、このころから江戸時代にかけて寺院などで襖に絵を施した襖絵は、重要文化財として現在も残っています。襖に張られた和紙は湿度調整にすぐれていると言われています。また、その和紙の柄によって、モダンな感じや重厚感の ある雰囲気など、部屋の印象が変わってきます。襖紙は長年使用していると劣化し、または破けてしまうこともあります。そんな時、襖を張替えるだけで、部屋全体がきれいに生まれ変わります。襖の張替えの施工方法は以下のようになります。まず、引手を取り外します。次に、襖の枠を外します。そして、襖紙を水で濡らし、襖全体にのりをつけて襖紙を張っていきます。この時、刷毛などを使い、空気が入らないようにします。あとは先ほど外した枠と引手を取り付ければ張替え完成です。襖の張替えを季節によって行うという方もいらしゃいますが、多くは和紙が茶色に変化したタイミングで張り替えられるようです。和紙は機械ですいたものから、ビニール素材、高級なものまでたくさんあります。襖紙一つで部屋の雰囲気ががらっと変わります。部屋の雰囲気を変えてみたいという方は襖の張替えがおすすめです。"

張替える前に知っておくと便利な襖の種類

"初めて襖を張替えるという方。襖にはいくつか種類があるのをご存じですか?襖についての基本的なことは依頼先の業者さんが教えてくれるかもしれません。しかし少しでも早く張替えたい、打ち合わせをスムーズに行いたいという場合には、予め襖に関しての知識を身に付けておくと良いですね。そこで以下では襖の種類について簡単にご説明します。 まず昔からある木が組まれて出来た襖は本襖といいます。襖紙を重ねて貼ってあるのが特徴で、縁も襖紙も容易に張替え可能という点では手軽に交換したいという方にピッタリです。 本襖によく似た作りのチップボール襖というものもあります。こちらは下張りがチップボールで出来ているので、本襖に比べてやや丈夫。本襖の良いところを残しつつ少しでも耐久性を上げたい家庭向けです。 この他有名なのが、発泡スチロールふすまと段ボール襖です。これらは芯の素材にそれぞれ発泡スチロールと段ボールを用いています。本襖より低価格で早く用意してもらえるため、簡易的な和室に合わせる方も多いです。ただ襖の張替えとなると襖紙だけで行えず、縁も一緒に新しくする必要があります。 いかがでしたか?細かく分ければ他にも種類はありますが、いずれにしても襖の張替えには予算やデザイン性、通気性だけでなく、次に張替えるときのことも考えておくことが大切です。"

  • さいたま市中央区激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • さいたま市中央区格安ふすま張替え
    1,400円(税別)

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)

  • さいたま市中央区格安障子張替え
    1,400円(税別)

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)

    もっと詳しくみる

  • さいたま市中央区格安あみど張替え
    1,400円(税別)

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
お問合せはお気軽にどうぞ