印西市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。お金をかけたくない市営住宅の襖や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円ふすまの張替え

印西市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

襖の張替えは襖業者に依頼しましょう

ホームセンターへ行くと、リーズナブルな価格の襖紙が販売されています。また、最近は、インターネット通販でも容易に襖紙を購入することができるようになっています。そのため、自分で張替えてみようと考える人が少なくありません。
 でも、襖の張替えは想像以上に難しいので、安易に素人が手を出すべきではありません。失敗して業者に依頼し直すだけであればまだしも、まだまだ使えたはずの襖自体をダメにしてしまう可能性がありますので、最初から業者に頼むのが賢明です。
 襖には、昔からあった和襖と、近年になってから登場してきた量産型のものがあります。どちらの種類なのかによって、張替え方法が変わってくるのですが、素人では自宅にある襖がどちらのタイプのものなのか見分けがつかないケースが多いです。
 量産型のものの場合は、襖紙が芯の上に直張りされていますので、古い紙を剥がさずに、その上に重ね張りしていくことになります。しかし、それを知らずに無理に古い紙を剥がそうとして、襖をダメにしてしまう人が案外たくさんいます。
 餅は餅屋という言葉がありますが、専門的な知識や技能が必要な作業は、最初からプロに任せてしまうのが安心です。とてもキレイに張替えてもらえますので、たとえ費用がかかってしまったとしても、仕上がりに満足することができます。

メールでのお問い合わせはこちら

千葉県印西市の基本情報

印西市は千葉県の、北西部に位置している市です。 印西市の面積は123.79平方キロメートルで、総人口数は2015年12月末の時点で9万5040人となっています。 印西市に隣接している自治体は柏市や我孫子市、白井市や八千代市や佐倉市や成田市、印旛郡栄町や酒々井町や茨城県北相馬郡利根町と接しています。 印西市の市の木はサクラで市の花はコスモス、市の鳥はメジロで市の魚はナマズと制定されています。 東京都心から約40キロメートルであり千葉市からは、約20キロメートルで成田国際空港からは、約15キロメートルと交通のアクセスの良さから都心への、ベッドタウンとして開発が進み千葉ニュータウンという、市街地を形成して人口数は増加しています。 住宅開発が進む中利根川や印旛沼、手賀沼と三方を囲まれていて水と緑豊かな自然も多く残されている市です。 関東平野の中で活断層が無い地域であり、強固な地盤であることから千葉ニュータウンなどの市街地が開発されてきた、印西市ですが強固な地盤であることが大きな理由となり、多くの金融機関の事務センターが千葉ニュータウン内に配置されています。 印西市の観光スポットとしては広大な面積を持つ、県立北総花の丘公園があり園内には1年を通じて様々な花木を見ることが出来ます。

フリーダイヤル

千葉県印西市について

千葉県印西市は千葉県の北西部に位置する市です。印西市の北部は茨城県との県境にもなっています。北には利根川、西には手賀沼、東や南には印旛沼があるという水資源や緑の豊富な地域です。周辺の低地に囲まれた台地は関東ローム層から成っていて、その強固な地盤が住宅地として魅力を高めていることもあり、千葉ニュータウンなどの市街地が広がっています。こうした開発の影響もあって印西市の人口は1990年代以降急激に伸びています。また、人口の増加に伴って企業の進出も活発となり、ニュータウン周辺は商業の中心地として発達しています。上述したように関東ローム層の強固な地盤に支えられていることは企業防災の観点からも大きなメリットがあり、印西市に事務センターを置く金融機関も少なくありません。印西市内の観光スポットとしては、多くの白鳥を観察することのできる白鳥の郷が有名です。水や緑の豊富な土地柄から、シーズンになると毎年多くの白鳥が飛来しています。これらの白鳥を観察、撮影するためにカメラマンも多く訪れるようになります。また、吉高の大桜と呼ばれる一本桜は市の天然記念物にも指定されていて、毎年多くの花見客が訪れるスポットとなっています。

メールでのお問い合わせはこちらから

1996年に市制が施行された印西市

印西市は千葉県にある市です。1954年に2つの町と2つの村が合併して印西町が誕生し、1996年に単独で市制を施工して印西市となりました。2004年には健康都市宣言を行っています。2010年に印旛郡の本埜村及び印旛村を編入し、現在の市域になりました。市の鳥はメジロ、市の魚はナマズです。印西市には手賀川や神崎川といった利根川水系の河川が流れており、北印旛沼が存在します。県立北総花の丘公園は印西市を代表するレジャースポットです。園内は複数のゾーンに分かれており、水の景ゾーンでは野鳥を観察できます。緑の景ゾーンには約2,000平方メートルという広いドッグランがあり、バーベキューも可能です。都市の景ゾーンには花と緑の文化館が設置されており、図書コーナーや緑の相談所を利用できます。印西市には寺社も多く、多聞院もその一つです。本尊の毘沙門天像は千葉県の有形文化財に指定されています。結縁寺は行基によって開かれたと言われており、本尊の不動明王像は国の重要文化財です。印西市の中心駅はJR東日本成田線我孫子支線が乗り入れている木下駅です。市内には京成成田空港線も走っています。「印西市ふれあいバス」というコミュニティバスも、6つのルートで運行されています。

千葉県印西市について

印西市は千葉県の、北西部に位置している市です。東京都心から印西市は約40キロメートル千葉県の県庁所在地である千葉市からは、約20キロメートル成田国際空港からは約15キロメートルの位置にあります。印西市の面積は、123.79平方キロメートルです。印西市は利根川や印旛沼や、手賀沼に囲まれた豊かな自然が残る市です。印西市に隣接している自治体は柏市と我孫子市と白井市、八千代市と佐倉市と成田市と印旛郡栄町と酒々井町、茨城県北相馬郡利根町と接しています。印西市は都心までの交通アクセスの良さから、住宅開発が進んでいて人口数も増加しています。平成29年4月末の時点で印西市の総人口数は、9万8008人となっていて3万8332世帯が暮らしています。市の花はコスモスが市の木は桜が市の鳥はメジロ、市の魚はナマズと平成22年9月11日に制定されています。印西市の公式ゆるキャラとして、市のPR活動を積極的に行っているのがいんザイ君です。印西市は市の木にも制定されている桜の名所も多く吉高の大桜や小林牧場の桜が有名で、開花の時期には多くの見物客が訪れています。また市内にある木下万葉公園は、河津桜や梅の花やフジを楽しむことが出来る花見スポットとなっています。

  • 印西市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 印西市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 印西市格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 印西市格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ