袖ヶ浦市激安障子張り替えは和室張替ファクトリー!

障子といえば、日に焼けて変色してしまったり、お子さんが破ってしまったり、トラブルはつきものですが、1枚1400円から商品がございますので、お気軽にご依頼ください。お金をかけたくない市営住宅の障子や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円障子の張替え

袖ヶ浦市期間限定キャンペーン
激安価格で障子の張替え

障子の張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税別)~
上についている小さい障子
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国対応しています障子お問い合わせからお支払いでの流れ画像
障子張替えの施工工程の様子画像

期間限定キャンペーン
激安価格であみどの張替え

あみどの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
フリーダイヤル

障子の歴史を知り、障子のある文化的な暮らしを考える

経済成長の中で、新たな建材や建具等の販売により少なくなっていた障子の大切さが見直されて来ています。障子とは、縁の内側、窓、室内の境をつけるための建具として発達してきました。古い時代では、現在の襖も障子と呼ばれていたようです。
平安時代から暮らしに溶け込んでおり、歴史とともに様々な素材や機能、造形美を蓄えながら、日本の暮らしの文化に溶け込んできました。日本人持つきめ細やかな感覚にもマッチし、広く愛されている日本固有の文化財ともいえると思います。
障子の特徴としては、やわらかな光を室内に提供すること、自然の風合い、夜間の照明効果の増大、断熱性に富み省エネ効果があるなど、室内の住環境を快適に保つための機能が備わっている、すぐれた建材といえるでしょう。
組子の種類では、横繁・縦繁・荒間・吹寄・変わり・霞・両面組子等があります。また、形状による種類としては、無地・腰付・腰高・水腰・大額・両面紙貼り、掛け等の種類に分類されます。いずれも、日本人らしい感性をベースに考案された種類として文化的にも意味のあるものです。
そのような障子を維持・管理して行くには、素人の技術では難しい点があります。障子の管理の手法を誤ったことで、非常に価値あるものを台無しにしてしまう危険性さえあります。障子は重要な文化ですので、その管理は専門業者に委ね、適切な時期に張替え等を行うことをおすすめします。

メールでのお問い合わせはこちらから

平成3年に市制が施行された袖ケ浦市

袖ケ浦市は千葉県にある市です。昭和30年に君津郡の昭和町と長浦村、そして根形村の一部が合併し、初代袖ヶ浦町が発足しました。昭和46年に平川町と合併したことで2代目袖ヶ浦町となり、平成3年に市制が施行されました。ヤマトタケルの妃であるオトタチバナが海神を鎮めるために海に身を投じ、その袖が流れ着いたことが「袖ケ浦」という地名の由来です。ちなみに、町制時代は小さい「ヶ」の字が使われていましたが、市制施行後は「ケ」が使われるようになりました。ブラジルのイタジャイ市とは姉妹都市提携を結んでいます。袖ケ浦市総合運動場は袖ケ浦市を代表するスポーツ施設です。場内には陸上競技場や球場、テニスコートが完備されています。20メートルの室内プールやスタジオを備えた袖ケ浦健康づくり支援センターも存在し、運動教室やダイエット教室が行われています。袖ケ浦市には四季折々の花を見られる袖ケ浦公園も存在し、白鳥などの野鳥を見られる池もあります。袖ケ浦市の中心駅はJR内房線が乗り入れている袖ケ浦駅です。大正元年に「楢葉駅」という名前で開設され、昭和62年に今の名前になりました。袖ケ浦バスターミナルからはアクアライン高速バスを利用できます。

フリーダイヤル

千葉県袖ケ浦市の特徴

千葉県のほぼ中央に位置する袖ケ浦市は、人口が2016年2月1日時点の推計値で61,022人で面積が94.93平方キロメートルですので、1平方キロメートルあたり、およそ643人という人口密度の自治体です。袖ケ浦市の地勢は北西部が東京湾に面する臨海部となっていて、この臨海部には埋立地も多く、現在は主に京葉工業地域の一角を成す工業地帯を形成しています。袖ケ浦市の沿革は、1889年の町村制の施行に伴って、現在の袖ケ浦市の市域に望陀郡楢葉村・長浦村・根形村・平岡村・神納村・富岡村・中川村の7つの村が発足しました。そして1897年の郡制の施行に伴って望陀郡は周淮郡・天羽郡の区域と共に君津郡となりました。そして1932年に楢葉村と神納村が合併して昭和町が発足しました。その後、第二次世界大戦を経た後の1955年2月に平岡村と中川村が合併して平川町が発足すると、翌3月には昭和町・長浦村・根形村の一部が合併して袖ケ浦町が発足すると共に、根形村の残部と富岡村の一部が平川町に編入されました。そして1971年に袖ケ浦町と平川町の合併によって改めて袖ケ浦町が発足すると、1991年に袖ケ浦町が市制を施行して袖ケ浦市が発足しました。

メールでのお問い合わせはこちらから

千葉県袖ケ浦市について

千葉県袖ケ浦市は、千葉県のほぼ中央部に位置している都市です。総面積は94,92平方キロメートルあり、平成28年1月1日時点での総人口は62,063人となっています。市章は袖ケ浦市の「ソデ」がデザインされたもので、昭和31年に袖ケ浦町内中学校全生徒からデザインを募集してその中から選ばれたものです。市の花は「ゆり」で、市の木は「しい」、市の鳥にはうぐいす」が制定されています。袖ケ浦市の北部は東京湾に面しており、羽田空港まで高速バスで約22分で行くことができるまちです。平成23年には東京湾アクアラインや東関東自動車道館山線が開通し、交通結節点として利便性が大変よく、交通の要衝としての役割を果たしています。袖ケ浦市は工業が盛んに行われていて、京葉工業地帯から電気・ガス・石油といったエネルギーが首都圏へ送られています。また内陸部では緑豊かな自然が残されており、農業や酪農が盛んに行われています。稲作をはじめにレタス・トマト・里芋・大根など多種多様な生鮮野菜が栽培されており、首都近郊の食糧基地として出荷されています。また袖ケ浦市は日本酪農発祥の地ともいわれており、酪農は県内でもトップクラスを誇っいます。

  • 袖ヶ浦市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 袖ヶ浦市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 袖ヶ浦市格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    1枚90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

  • 袖ヶ浦市格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ