荒川区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

荒川区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

荒川に由来する区名の荒川区です

荒川区は東京23区の東部に位置する区の一つで、区名は荒川に由来しています。東西に細長い区で、北部の区境は墨田川となっており、荒川区のほぼ全エリアが低地なのですが、日暮里エリアの一部だけは山手大地となっているのが地形的な特徴です。明治以降は荒川の水利を活かした工場建設が進み、現在では工場跡地を活用しての大規模再開発や公園整備が実施されています。とりわけ、南千住エリアの再開発事業は、都内でも最大規模となっていて、大規模高層住宅の建設が進んでいるため、周辺自治体からの若年ファミリー層の流入も顕著となっています。荒川区の人口は21万人ほどで、区外への通勤・通学人口は15万人強と見られ、都心部へのベッドタウン的位置付けなのは、他の東京東部の特別区と同様です。毎年、日経BP社などが実施する全国自治体ランキングでは、行政サービス部門において、常に全国でもトップクラスとなっており、都心部へ通勤・通学する家族を擁するファミリー世帯には、荒川区は住みやすい特別区と言うことができます。併せて、荒川区内は鉄道交通も至便であり、荒川区内にはJR山手線・京浜東北線・常磐線、都電荒川線、日暮里・舎人ライナー、東京メトロ日比谷線・千代田線、つくばエクスプレス線、京成本線が駅を設けています。

メールでのお問い合わせはこちら

荒川区には、美味しいパン屋があります。

東京の荒川区には、多くのパン屋があります。その中で今回は、おすすめのお店を紹介します。まず一軒目は、荒川区の西日暮里駅一番出口より徒歩3分の「ブーランジュリー イアナック」です。こちらは、近所の方々から美味しいと評判のお店で、定番の食パンやバケット、クロワッサンの他にもたくさんの種類が揃っています。特にカレーパンや季節の野菜が入ったフォカッチャ、キッシュなどの総菜パンは、絶品です。小さいお店なので目立つわけではありませんが、お客は途切れることなく入ってくる人気店です。次のお店は、荒川区の西日暮里駅より徒歩一分の「ポポー」です。こちらは、サンドイッチを専門的に販売しているパン屋です。食パンは、しっとりふわふわで、どこか懐かしい三角形のサンドイッチです。種類は、定番のタマゴサンド、ハムサンド、カツサンドから変わり種のハンバーグやカニサラダなど豊富に揃っています。また朝6時から営業しているので、朝の早い学生やサラリーマンに人気です。今回ご紹介した荒川区のパン屋は、どちらも外観は素朴で小さいですが、地元の人から愛されているお店です。荒川区に来られた際は、朝ごはんか昼ごはんにパンはいかがでしょうか。

部屋の雰囲気を変えたいなら襖を変えよう

"襖とは主に日本家屋に使われる建具のことで、部屋の間仕切りや押入の戸の役割をしています。昔は日本家屋が多かったのでたくさんの住宅に使われていましたが、最近の住宅には和室が無い家も多いことから襖のない家も増えてきています。 襖は土台となる木の枠組みに紙や布を張って作られます。枠となる縁や表面の襖紙などは交換が可能で、変えることで部屋の趣を変化させることが出来ます。年月とともに劣化するものですが、簡単に交換が可能なので土台がしっかりしていれば何十年でも使える便利な建具なのです。 襖の張り替えは専門業者に依頼するのが一般的ですが、最近は自分で張り替えをする人も少なくありません。ホームセンターや量販店には簡単に襖の張り替えが出来る商品が販売されているので、素人でもきれいに張り替えをすることが出来ます。 専門業者に依頼する場合は紙のレベルによって料金が変わってきます。専門業者には様々なデザインの襖紙が用意されているので部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが出来ます。最近はデザイン性の高い襖紙も多くなっているので自分好みのインテリアに合った襖を作ることが出来ます。 部屋の雰囲気を変えたいと思った時は襖の張り替えを検討してみましょう。

東京都荒川区について

東京都荒川区は、東京都特別区のひとつで人口はおよそ20万7千人ほどです。東京23区の中央からやや北東に位置している荒川区は、東京特別区内で最も町名の数が少ないとも言われています。区内はほぼ低地で平坦ですが日暮里地区の一部は山手台地です。
荒川区を流れている隅田川は、東京都北区の新岩淵水門で荒川から分岐し、新河岸川、石神井川、神田川、日本橋川などの支流河川を合わせ、東京湾に注ぐ全長23.5キロメートルの一級河川です。東西に細長い荒川区の北側の区境は隅田川に一致します。
荒川区は江戸時代は農村でしたが明治時代から荒川の水を使い多くの工場が建設されて工業化が進んだと言われています。1932年10月に東京市域拡張に伴って、北豊島郡南千住町、三河島町、尾久町、日暮里町が合併し、東京市荒川区が発足しました。
現在の荒川区は下町としての特色を残しながら、工場跡地を活用して再開発がおこなわれています。南千住地区辺りではマンション建設などが続き、ファミリー層を中心として人口流入し、人口が増加していると言われています。
荒川区の交通機関として鉄道は、東日本旅客鉄道の山手線、京浜東北線、常磐線が運行しています。東京地下鉄千代田線、日比谷線の他にも京成本線、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが運行しています。また、観光スポットとして多くの神社があります。

部屋の雰囲気を変えたいなら襖を変えよう

"襖とは主に日本家屋に使われる建具のことで、部屋の間仕切りや押入の戸の役割をしています。昔は日本家屋が多かったのでたくさんの住宅に使われていましたが、最近の住宅には和室が無い家も多いことから襖のない家も増えてきています。 襖は土台となる木の枠組みに紙や布を張って作られます。枠となる縁や表面の襖紙などは交換が可能で、変えることで部屋の趣を変化させることが出来ます。年月とともに劣化するものですが、簡単に交換が可能なので土台がしっかりしていれば何十年でも使える便利な建具なのです。 襖の張り替えは専門業者に依頼するのが一般的ですが、最近は自分で張り替えをする人も少なくありません。ホームセンターや量販店には簡単に襖の張り替えが出来る商品が販売されているので、素人でもきれいに張り替えをすることが出来ます。 専門業者に依頼する場合は紙のレベルによって料金が変わってきます。専門業者には様々なデザインの襖紙が用意されているので部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが出来ます。最近はデザイン性の高い襖紙も多くなっているので自分好みのインテリアに合った襖を作ることが出来ます。 部屋の雰囲気を変えたいと思った時は襖の張り替えを検討してみましょう。

  • 荒川区激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 荒川区格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 荒川区格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 荒川区格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ