東京都府中市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

東京都府中市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

東京都のほぼ中央に位置する府中市の特徴

東京都府中市は東京都のほぼ中央に位置する多摩地域の自治体で、人口が2016年2月1日時点の推計値で260,895人、面積が29.43平方キロメートルですので、人口密度は1平方キロメートルあたり、およそ8,865人となります。府中市の地勢は市域の全域が武蔵野台地上にあり、多摩川の中流左岸の河川段丘に広がっています。府中市の南辺は多摩川となっていて、その対岸に多摩丘陵を望みます。また、市内北東部には標高約80メートルの浅間山があり、麓からの高さは30メートルほどとなっています。府中市の沿革は律令時代に武蔵国の国府が置かれた地であったことから、国府のある場所という意味で府中と呼ばれるようになりました。尚、他の地域の国府と区別をするために武蔵府中と呼ばれることもあります。国府が置かれた武蔵国の中心地として、府中の地域は古代から政治、経済、文化の中心地として栄えました。また、江戸時代には甲州街道の宿場町の中でも規模の大きい府中宿が置かれて賑わった土地でもありました。そして第二次世界大戦後の1954年4月1日に当時の府中町、多磨村、西府村の合併と市制施行が行われ、東京都内で6番目の市として府中市が発足しました。

メールでのお問い合わせはこちら

東京都の中心に位置する府中市

府中市は東京都全体で言うとほぼ中央付近の多摩地域にある自治体です。広島県の東部にも同じ名前を持った自治体が先立って存在しているので、東京都の府中市はそれと区別するために武蔵府中と呼ぶこともあります。そもそも府中とは大化の改新以来進められた律令時代においてその国の、この府中市の場合は武蔵国の国府が置かれていた地であることを示しています。つまり当時の武蔵国における政治や司法、軍事といった権力の中心地がこの府中市であったのです。また宗教的にも中心地となり、景行天皇以来の由来を持つ大國魂神社はこの時代に武蔵国の総社に指定されました。鎌倉時代には交通の要衝として知られ、江戸時代には甲州街道の宿場町として有名になるなどその後も常に発展を続けてきました。そして現在も25万人以上が暮らす中枢都市として、また東京都区部近郊の交通の要衝として東京都のみならず神奈川県や埼玉県を結んでいます。東芝やサントリー、読売新聞など日本を代表する大企業の工場が府中市内にあるため夜間人口と昼間人口にほとんど差がないのも単なるベッドタウンとの違いです。また、市内には公園が多く、都会にありながらも自然に触れる機会も多くあります。

襖の張り替えは口コミです

インターネットを利用することによって、様々な口コミ情報を確認することができる時代です。これはとても便利な世の中になりました。口コミには無料で利用できるものが多く、例えば襖の張り替えをこれから行おうと考えている人が、襖の張り替え業者を調べる場合には、口コミ情報がとても大きな役割を果たしてくれます。襖の張り替え業者の評判が口コミで確認できるので、ここで多くの情報を得ることができれば、理想的な業者が簡単に見つかります。では口コミでどのような内容が記載されている業者が良いのかと言うと、サービスが充実していたとか、対応がよかったとか、料金が安かったと言う評判です。ただひとつの業者につき1つの口コミではあまり意味がありませんので、多くの口コミが記載されている業者が理想的と言えるでしょう。襖の張り替えは、とても繊細な作業になりますのでプロとしてのレベルが問われます。ですから、襖の張り替えを依頼する業者は、とにかく真剣に情報収集して理想的なところを見つけなくてはならないのです。口コミ情報のチェックができたら、その情報を元に業者のホームページも確認してみたほうが良いでしょう。ここで実績などをと料金が確認できます。

口コミで選ぶ襖張替え店

襖は和室の建具ですが、室内を快適に保つため様々な役割を担っています。襖を閉じれば部屋をくっきりと分ける間仕切りとなります。襖には個性的なデザインが描かれているため、インテリアとしても部屋を華やかにします。そして最大の役割は調湿機能を備えていることです。湿度が高い日本では、室内がジメジメすると不快な気分になります。その不快を和らげてくれるのが襖です。襖は紙で作られた建具であるため、室内に侵入した湿気を襖紙が吸収しジメジメ感を無くします。けれども襖紙が劣化するとその機能を十分に果たしきれないため、こまめなメンテナンスが必要になります。そこで利用するのが襖張替えの専門店です。全国各地にありますが、たくさんあり過ぎて迷った場合は口コミを利用すると良いです。口コミには店の雰囲気や作業内容、スタッフの対応等が掲載されています。口コミに書かれている情報は個人の意見でもあるため、正しいとは限りませんが、店のイメージを掴む事はできます。口コミをもとに料金やサービス内容を比較する事で、お得で賢く見つけられます。口コミ件数が多い店舗や注目の口コミが掲載されている店舗は、世間の関心が集まっている事を指しています。

東京都府中市について

東京都府中市は、人口およそ25万8千人ほどだと言われています。東京のほぼ中央に位置している府中市は、武蔵野・多摩地域の旧北多摩部にあたります。1954年4月に府中町と多麿村および西府村の1町2村が合併して府中市が誕生したと言われています。
府中市は645年の大化の改新後に国府が置かれるなど古い時代から政治や経済、文化などの中心地として栄えました。江戸時代には甲州街道の宿場の中でも大きな府中宿がありました。鎌倉時代にも要衝地域となったと言われています。
府中市全域が武蔵野台地上にあり、多摩川中流左岸の河川段丘に広がっています。多摩川対岸に多摩丘陵を望み、南辺は多摩川と同じです。府中市の中央や南には府中崖線が、北辺に沿って国分寺崖線がそれぞれ東西に走っています。
府中市お中央部に府中駅があり大型ショッピングセンターなどが立ち並ぶ商業地域です。西口は馬場大門のケヤキ並木から神社周辺の大木が立ち並ぶなど緑が多いようです。府中市の南端には一級河川の多摩川が流れ、西側には田園地帯が広がります。
府中市には別名六所宮と称される大國魂神社があります。武蔵野府中熊野神社古墳は、国の史跡です。南部家文書や銅造阿弥陀如来坐像、鉄造阿弥陀如来立像などは重要文化財に指定されています。馬場大門のケヤキ並木は国の天然記念物です。

  • 東京都府中市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 東京都府中市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 東京都府中市格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 東京都府中市格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ