狛江市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

狛江市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

多摩川流域に位置する東京都狛江市の特徴

東京都狛江市は世田谷区や調布市、神奈川県川崎市に隣接しており、人口が2016年2月1日時点の推計値で81,671人で、面積が東京都の市の中では最も小さく、全国の市の中でも埼玉県蕨市に次いで2番目に小さい6.39平方キロメートルとなります。従って、人口密度は1平方キロメートルあたり、およそ12,781人となり、2005年10月時点の調査では全国の市町村の中でも埼玉県蕨市、東京都武蔵野市に次ぐ3番目に人口密度が高い自治体となっています。狛江市の地勢は多摩川中流域の左岸に位置し、概ね市域の北端を国分寺崖線と野川、南端を多摩川で形成しています。そのため、市域の北から南方向に向けて緩やかに下る傾斜となっていますが、ほぼ平地と言える程度の傾斜で、市域内の標高は20メートルから30メートルの間で収まります。狛江市の沿革は1889年の町村制の施行により、現在の狛江市の市域にあった神奈川県の駒井村、和泉村、猪形村、岩戸村、小足立村、覚東村が合併して狛江村となりました。そして1893年に神奈川県から東京都に編入された狛江村は、第二次世界大戦後の1952年に町制施行によって狛江町となり、次いで1970年に市制を施行して狛江市となりました。

メールでのお問い合わせはこちら

歴史と音楽が息づく街 狛江市

狛江市は新宿から小田急線で南へ20分の距離に位置する、全国屈指の人口密度を持つ都市です。武蔵野の緑に囲まれた自然と住宅街が調和する、東京のベットタウンです。 狛江市は数多くの古墳が発掘されている古墳の街として有名です。その様子は「狛江百塚」と呼ばれ、現在も発掘調査が続いています。中でも優れた業績として「和泉式土器」の発見があります。これは狛江市和泉町一丁目から最初に発掘された土器で、名称が出土地の地名から名付けられた、狛江市が誇る大きな発見です。また平成23年の「猪方小川塚古墳」の発掘調査により、7世紀頃に今の狛江市周辺にも、高度な技術を持った有力支配者が存在した可能性が確認されました。これは今までの定説を見直すきっかけともなった発見です。このように狛江市は今でも古代史の発見が注目される街でもあります。 また狛江市は、多くの著名な音楽家が在住する音楽の街としても知られます。狛江駅前や市役所内では定期的にコンサートなどが開催されるなど、市民参加型の音楽イベントが数多く催されています。さらに「音楽の街-狛江」をPRするためのオリジナルキャラクターを使って広報活動をするなど、音楽活動の普及・促進なども熱心に行われています。

襖の張替え時期とその目安

襖の張替えは専門業者を呼んでやってもらう必要があるため、後回しにしているという人が少なくありません。これは多額の予算や時間を要求されるものだから、ある意味で仕方がないと言えます。 しかし、襖も形あるものである以上、経年劣化は進むため、やがて張替えねばならなくなります。これは襖が破けたり黄ばんだりしたときに張替えればよいという意味になります。 では、そのほかのタイミングはどうなのかと言えば、特に痛んでいなくても、襖紙は10年がその寿命だから、その前後となります。 ただ、10年間という時間を律儀に守る必要はありません。子供が生まれたからメンテナンスがより容易なタイプの襖紙に張替えるとか、両親と同居するようになったから、気分転換の意をかねて変更することにした、というのでも構わないのです。 そういう意味では、結婚や葬儀・法事も一つの区切りとなります。親類一同を迎え入れるのに、汚れた襖のままでは心苦しいと感じる人は、それを張替えるようにしましょう。 ただし、望んだ時期に張替えをしたいのであれば、予め予約を入れるようにしましょう。シーズンによっては先着優先という格好になるので、その辺に注意が必要になります。

襖の張替店を利用するなら

我が国の家の中に必ずあると言ってよいのが襖です。もちろん、100%というわけではありませんが、かなりの確率で一家にワンセットという感じであります。さて、この襖ですが、新しい襖と古くなってしまった襖では、とても大きな違いがあります。それは、見た目と言いたいところですが、そうではなく湿度をコントロールしてくれる効果です。新しい襖はそれだけ効果が期待できるものですが、古くなってしまった襖の場合は効果はそれほど期待できないものとなってしまいます。襖に湿度をコントロールしてくれる働きがあるので、新しいうちはその効果を思いっきり発揮してくれるので、その和室空間も快適です。しかし、古くなってくると張替店に依頼して、張替えしない限り、効果は薄いです。襖を張り替える張替店は、全国各地に多く存在しているので、張替えたい人は多く存在する張替店の中から、使い勝手の良いところを見つける必要があります。張替店を選ぶ方法はインターネットの口コミをしっかりチェックすることです。ここをチェックすれば、対応がよく料金もリーズナブルな張替店を見つけ出すことができます。口コミは使いやすいものなので、便利に利用してみるとよいです。

  • 狛江市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 狛江市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 狛江市格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 狛江市格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ