新宿区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

新宿区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

東京都新宿区のあらまし

新宿区は東京都区部のほぼ中央に位置する区で、東京都庁舎のお膝元として名実ともに東京の中心的なポジションにある地域です。まさに大都市の名にふさわしい特徴を持った先端的なエリアですが、その一方で古き良き東京を感じさせる景観も残っており、多様な表情を見せています。新宿区一帯はもともと甲州街道の宿場町として江戸時代から栄えていました。ちなみに新宿区の「新宿」とは本来は新しい宿場という意味を持っていました。近代以降は都民人口が西へ移るにつれて交通の結節点となり、巨大な市街地を形成するに至りました。東京都庁を中心とした新宿区西側の西新宿地区は高層ビル街となっており、行政機能が集中するほか多数の企業がオフィスを構えています。一方、東側の歌舞伎町地区は世界的にも名の知れた歓楽街で、膨大な数の飲食店が軒を並べています。その一方で、北部には昔ながらの住宅街が広がっており、庶民的な雰囲気を漂わせています。また北東部の神楽坂地区はかつて花街として栄えた地域であり、現在でも風情のある街並みが保存されています。さらに神楽坂地区に隣接する早稲田地区には全国的に有名な大学のキャンパスが点在しており、新宿区に文教都市としての性格を添えています。

メールでのお問い合わせはこちら

東京を代表する地域の新宿区

新宿区は西新宿に都庁舎があるように、皇居に次ぐ東京の中心ともいえる地域です。新宿区の都庁舎は1991年に完成したもので、この時に丸ノ内の旧都庁舎から移転しています。新宿区として発足したのは1947年です。それまで存在していたのが淀橋・牛込・四谷の各区で、合併したことにより新宿区が誕生しています。新宿区の街並みは、高々と立ち並ぶ高速ビルがシンボルともいえるでしょう。新宿駅周辺は百貨店などの商業施設が密集し、昼夜を問わず人の往来が激しい地域です。これは、交通機関が発達しているためで、鉄道はJR線を中心に、関東を代表する鉄道各社が乗り入れ、地下鉄も利用できます。新幹線は乗り入れていませんが、東京駅であれば、15分前後でアクセスが可能です。関東以外には新宿と山梨・長野方面を結ぶ特急や、成田空港行きの特急も運行されています。新宿区は、都市間高速バスも、毎日たくさんの便が発着する地域です。関西や四国と東北など範囲は非常に広く、観光や出張にも便利といえるでしょう。自然環境は限られていますが、代表的なのが新宿御苑と新宿中央公園です。いずれも面積が広く、幅広い年齢層が憩いの場として活用できます。新宿中央公園ではフリーマーケットなどのイベントも頻繁に開催され、地域内外の人が楽しめます。

和風の襖やしきりについて

"みなさんも襖とう言葉を聞いたことがあると思います。 日本ならではの言葉ですね。 古きよき日本文化の理解を深めていくために、学んでいきたいと思います。 さて、襖とは和風の家の部屋と部屋を仕切っている建具と言われています。 大昔、もともと寝殿造などの家で、とても広い一つの部屋を仕切るのに使われていたのです。 そしてそれから、建築の様式にも段々変化が訪れていき大きな部屋同士を仕切るだけに使われるのではなく、通常の部屋と部屋を仕切るのにも使われるようになってきたのです。 襖とはただ仕切るためのものではなく、保温する機能や調湿する機能や部屋の有害な物質などを吸収してくれる機能もあるのです。 この機能によって、温かくしたり湿度が高い日などには水分を吸いとり、そして乾燥してる日などは逆に水分を出してくれるのです。 ただの建具としての襖ではなく、これだけ実用的な機能があったのですね。 昔の人の知恵には驚かされるばかりです。 ここで言う昔とは具体的には、平安時代の頃をさしますね。 そういった機能のことも考えて、利用していたのですから襖を初めて作った人には感嘆の意を感じずにはいられません。 なので、現代でも湿気対策などに襖を使われるのも良いかもしれません。

襖や障子のセルフリフォーム

小さな子供がいる家庭では、襖や障子の痛みや破れは頻繁に起こりうることです。一戸建てのマイホームをお持ちの家庭では、子供のいたずらとはいえため息が出てしまうのではないでしょうか。ましてや賃貸物件に住んでいる場合はなおさら原状回復が頭をよぎる人も少なくありません。襖や障子はほとんどの場合、和紙などの紙でできています。それがゆえに破けやすく壊れやすいのですが、襖や障子は日本住宅に昔から続く定番ともいえます。最近では和室が存在しない住宅も増えています。おしゃれな空間やフローリング張りの室内も魅力的ですが、やはり畳や襖がある和室に落ち着きを感じる人はまだまだたくさんいます。破れたままの障子や襖は見た目にも美しくなく、空間に寂しさも漂いがちです。畳の張替え同様、襖の補修をおこなう業者はありますが、最近は自分たちでリフォームをおこなう人も増えています。ホームセンターでは、襖の張替え用シートや補修に使うテープも販売しています。大きなホームセンターであれば襖の絵柄も従来の風景柄だけでなく、現代アートをイメージしたものや可愛らしいデザインのものも豊富に取り扱っています。張り替えても再び破れてしまう可能性があるうちは、格安なセルフリフォームフォームも経済的です。

フリーダイヤル

新宿区の概要などについて

ここでは新宿区の概要などについてです。新宿区は東京都の特別区のひとつで、東京23区の西部にあります。新宿区の人口は約34万人で、区の木はけやき、区の花はツツジです。古くから甲州街道の通り道として栄えた新宿駅周辺は、湯本有数の繁華街が形成されており、新宿駅は鉄道各路線の主要ターミナルとなっており、昼夜の人口差が大きくなっています。2016年にはバスタ新宿を開業し、外国人観光客や利用客にわかりやすい形になりました。高速バスやタクシーなどの発着枠も整備されました。新宿駅南部には、明治神宮外苑などがあり緑が豊富で、散策するのにも良い場所となっています。また北部の落合地区は住宅地で、近年都心のベットタウンとして人口が急増しています。新宿区には大学など教育機関も多くなっており、学生も多くいます。大学としては、早稲田大学や東京理科大学などです。さらに新宿区は都内で最も外国人登録者が多い区となっており、外国人の中でも韓国人や中国人が多く居住しています。区内にはコリアタウンなどをはじめとする外国人コミュニティが形成されています。新宿区ゆかりの作品も多くあり、漫画の鉄腕アトムや天才バカボン。名探偵コナン20世紀少年などがあります。

  • 新宿区激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 新宿区格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 新宿区格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 新宿区格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ