墨田区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

墨田区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

東京23区の東部に位置する墨田区の特徴

東京都墨田区は23区の東部に位置し、人口が2016年2月1日時点の推計値で259,474人、面積が13.77平方キロメートルですので、人口密度が1平方キロメートルあたり、およそ18,843人となる特別区です。墨田区の人口は1970年代以降、2000年頃まで減少傾向にありましたが、2000年代に入ってからはマンションの建設ラッシュなどで大きく増加しており、2015年の人口は2000年と比べて20%以上増加しています。墨田区の地勢は、西の区境が隅田川、東の区境が荒川と中川に挟まれた位置となる河川に挟まれた地域で、墨田区という区の名称の由来も、隅田川の堤の通称であった「墨堤」の墨と隅田川の田の字を取って墨田区となりました。現在の墨田区の区域の明治時代以降の沿革は、1878年に北部が南葛飾郡として、そして南部が当時の東京15区の1つであった本所区として成立しました。そして1932年には南葛飾郡に含まれていた北部の地域が向島区となり、1935年時点では現在の墨田区の区域である向島区と本所区の合計の人口は464,892人に達し、現在の台東区の区域である当時の浅草区と下谷区の合計の人口の464,217人と並び、当時の東京で最も人口が集中しているエリアでした。その後第二次世界大戦を経た後の1947年に向島区と本所区とが合併して墨田区が発足しました。

メールでのお問い合わせはこちら

東京都墨田区の概観については

墨田区は東京23区の1つで都の中心からやや東寄りに位置し、人口は約25万9千人、人口密度は平方キロ当たり18840人の地域です。自立式鉄塔としては世界一の高さ634メートルで地上デジタル放送用のタワーが2012年に開業しています。墨田区の人口は1970年以降1995年までは減少が続いて来ましたが、その後2010年までは増加に転じて来ています。1894年に総武線が開業しましたが1923年の関東大震災で区域の大半が焼失しました。第二次世界大戦特に1945年の東京大空襲で又もや区内全土は大きく焼失してしまいました。1947年に2つの区が合併して墨田区が誕生しました。墨田区の産業では1909年から1937年にかけて区内に屠畜場があり豚皮を扱う皮革産業が発展しました。豚脂からできる油脂産業や植物性油脂を原料とする石鹸産業も盛んになり多くの会社が立地していました。墨田区の鉄道ではJR東日本の総武線各駅停車と同快速線、京成電鉄の押上線、東武鉄道の伊勢崎線や亀戸線、都営地下鉄の浅草線や新宿線、大江戸線、東京メトロの半蔵門線が通っています。路線バスでは都営バス、京成バス、京成タウンバス、東武バスセントラル、東京空港交通、あるいは区の循環バスが運行しています。

口コミで人気の襖の業者を依頼する

襖の張り替えをしてもらうとき、口コミなどの評判を参考にすると良いでしょう。良い職人さんに仕事をしてもらうことにより、満足出来る仕上がりになるでしょう。襖を自分で張り替えするのは大変です。口コミには様々な意見が寄せられています。実際に依頼した業者の体験談を知ることにより、詳しい内容を知ることが出来ます。良い意見だけではなく、悪い意見も口コミで知ることが出来るので業者を選びやすいでしょう。安い襖を販売しているところでも、サービスが悪いと人気がないことが多いです。襖だけではなく、畳や障子なども一緒に交換してもらうことにより部屋全体が明るくなるでしょう。新しいデザインの襖を使用している業者も、口コミで知ることが出来ます。流行のデザインを取り入れることにより、新しい雰囲気を出すことが出来るでしょう。ネットで襖の業者の口コミをすぐに調べることが出来るので、忙しい方にも利用しやすくて便利でしょう。良い襖を取り入れることが出来ます。見積もりをとってもらうことも出来るので安心です。また予算に合わしておすすめの襖を紹介してもらうことも出来るので便利です。様々な価格帯の襖があるので、希望する襖を選びやすいでしょう。

襖の張替えはプロの張替店にお任せ

襖の張り替えは自力でも可能ですが、張替店に依頼すればさらにかんたんいなります。しかも、いうまでもなく張替店はプロフェッショナルです。技術力があるので、シロウトが見よう見まねでやるよりずっと見事に仕上げてくれるのです。襖張替店という表現をしましたが、もちろん張替店は襖だけを専門にしているわけではありません。襖や障子など、和室建具ならばなんでもござれの総合張替店として機能しています。本当のところをいえば張替店というの正確ではなくて、新品販売から補修までこなす和室建具のプロフェッショナルというのが正しい表現になります。まあ、それは必要のある時になって思い出せばいい話であって、襖のことだけ考えればいいこの場では襖の張替店というくくりで考えることにしましょう。ともかう、個人でやるとなると襖の張替えはそれなりに面倒です。シワが寄るのを、どう解消したらいいのでしょうか。アマチュアの手には余る問題です。障子のように「やりなおせばいいや」というほど襖紙は安くありません。つまり、張替店はそんなときの救世主であるわけです。きっとその技術で、襖をきれいに仕上げてくれることでしょう。シロウトにはできないことを対価を取って行う、それがプロというものなのですから。

フリーダイヤル

東京都墨田区の特徴と沿革

東京都墨田区は23区東部に区分される東京都の特別区の一つで、人口が2016年2月1日時点の推計値で259,474人で面積が13.77平方キロメートルですので、1平方キロメートルあたり、およそ18,843人という人口密度になります。墨田区の人口は第二次世界大戦後の復興に伴って増加を続け、1960年代前半にピークに達したものの、その後は一貫した減少傾向が1990年代まで続きました。その後、2000年代以降の人口は工場跡地にマンションが建設されるなどの影響によって回復傾向を示しています。墨田区の地勢は西の区境が隅田川、東の区境が荒川と中川によって形成されている河川に挟まれた区域となっていて、特に区域の東部は海抜ゼロメートル地帯となっています。このような地勢を有しているため、墨田区は1996年に現在の国土交通省にあたる、当時の国土庁から水の郷百選に認定されています。墨田区の沿革は、1878年に現在の墨田区の区域の北部は南葛飾郡に編入され、南部は郡区町村編制法の施行に伴って発足した東京15区の内の1つである本所区に組み込まれました。その後、1932年に当時の東京市域の拡大に伴って北部も向島区として東京市内に組み込まれました。そして第二次世界大戦を経た後の1947年に本所区と向島区が合併して墨田区が発足しました。

  • 墨田区激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 墨田区格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 墨田区格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 墨田区格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ