立川市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

立川市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

東京都立川市について

立川市は東京都のほぼ中央、多摩地域の中の中心部分に位置している市です。立川市の面積は24.36平方キロメートルで総人口数は、平成28年2月1日現在で17万9860人となっています。立川市に隣接している自治体は国立市や日野市、昭島市や国分寺市や武蔵村山市や東大和市、小平市や福生市となっています。立川市の市の木はケヤキで市の花はコブシと、1974年5月に制定されています。立川市は東京圏の超過密問題の解決を目指すために、業務機能の適正配置の受け皿となる都市として指定された業務核都市です。立川市の有名な観光スポットは国営昭和記念公園で、1年を通じて様々な花木を楽しむことが出来ます。特に規模の大きいコスモス畑や秋のイチョウは有名で、多くの見物客が訪れる人気スポットとなっています。立川市の公式キャラクターとして人気があるのが、くるりんで平成24年に立川市の魅力を発信するために誕生しています。くるりんは立川市が主催するイベントや市のPRの為に、情報発信を積極的に行っていて市民から愛されるキャラクターです。立川市の人気のイベントとしては、立川まつり国営昭和記念公園花火大会があり毎年7月に、開催されていて多くの見物客が集まります。

メールでのお問い合わせはこちら

襖の張替えは専門の張替店にお願いしよう

軽くて動かしやすく自宅に備え付けられていることも多い襖は日本ではかなり古い時代から部屋の仕切りとして使用され現在は押入れのドアとしても多く使われています。木の骨組みと紙と布で作られている襖はドアよりも軽く左右に動くため場所をとらずに済みますが一方で表面の紙が汚れたり破けることがあり長い期間使い続けると木の骨組みも歪みが出ることによって開閉がしづらくなります。このような状態になったときには襖を張り替えたり交換することがお勧めです。表面の紙の張替えだけならば専用のキットが販売しているので使用して自分で張り替えることも可能ですが自分で張り替えることに不安な方は専門の張替店にお願いしましょう。張替店では骨組みからの交換も襖紙の張替えもどちらも行ってもらえます。張替店も多くありお店によって値段に違いがあるのでどのような作業をお願いするのかをよく相談し、必ず見積もりを出してもらいましょう。張替店によって作業時間や値段、襖紙の種類なども様々で以前は白を基調とした襖紙が主流でしたが最近は洋風な襖紙も多くあり張替店によって持っている襖紙の種類も違うのでどんな模様や柄の襖にしたいのかをよく考え自分の部屋のイメージに合う襖にしてくれる張替店にお願いしましょう。

襖の張替店に頼むと手間がかからない。

襖はたくさんの家の和室で使用されている部屋の区切りです。襖は時間がたつと劣化したり、変色したりします。また物などをぶつけたりすることで、破いてしまう場合もあります。この場合には襖の紙を交換した方がよいです。襖の紙の交換も自分自身でもできますが、事前準備を行ったり、作業方法を理解しなくてはならないなど、手間がかかります。また道具や材料を購入するとコストもそれなりにかかります。よって、襖は張替店に行ってもらった方がよいです。張り替えの完成度も張替店は完璧に行ってくれます。またコストもそれほどかからないので、経済的です。最近では襖の種類も様々あります。安価な製品から高級な製品や、丈夫で破れにくい製品や汚れが付きにくいものまであります。自分自身では襖の紙の特徴などは把握しきれていないものです。その点、張替店は全てを把握しているので、相談を行えることもメリットの1つです。またほとんどの張替店は襖以外も修復してくれますので、引っ越しの際の部屋の回復もまるごと行ってくれるので便利です。これらを張替店に頼まず自分自身で行うと、とても時間がかかります。ほとんどの張替店では見積もりは無料で行ってくれるので、見積もりを見てから判断することをおすすめします。

東京都立川市について

立川市は、都心と市部の境にあります。市内には、玉川上水が流れていて市民の憩いの場になっています。平坦な地形なので、住宅街として人気があります。立川市の面積は、決して広くはありません。しかし、その住みやすさから17万人以上の人口を誇っています。
立川市は、東京都最後のフロンティアと呼ばれています。立川市で最も栄えている、立川駅前には、空いている土地が多くあります。昨年は、立川駅からほど近い場所に北欧家具の店舗が出店しました。今後は、日本の大手ショッピングセンターが開業する予定です。
立川市には、中央線と青梅線とモノレールが乗り入れています。中央線は、東京までスムーズに移動することができます。青梅線は、奥多摩方面のアクセスが可能です。モノレールを利用すれば、東京の西部への行き来が便利です。
立川市は、上述のように多くの路線があります。立川駅には、そのすべての路線が乗り入れています。多摩西部と東京の都心のアクセスがよいので、日々多くの人が往来します。そのため、複数の駅ビルが立ち並んでいて、地域の情報の発進源になっています。
立川市は、業務指定都市という位置づけになっています。それは、国から商業都市としての発展を求められているという意味です。そのため、立川駅周辺には多くの季語湯のオフィスがビルが存在しています。それらは、立川市の発展の象徴的存在になっています。

東京都武蔵村山市について

武蔵村山市は東京都の市のひとつで、東京都の北部中央に位置し、狭山丘陵を挟んで埼玉県と境界を接しています。武蔵村山市の北部は狭山丘陵が連なり、南部に行くに従って標高は低くなり、武蔵野台地の西端に行き着きます。市内には残堀川、空堀川が北から南東に流れ、そのうち前者は多摩川に、後者は新河岸川、さらには荒川へと流れ込みます。武蔵村山市には鉄道駅がなく、現在は多摩都市モノレールの延伸実現に向けて、まちづくりを進めているところです。古くから村山郷と呼ばれ、平安時代には武蔵七党のひとつ「村山党」が拠点としていたという歴史がある武蔵村山市は、1970年11月に村山町が市制を施行し、村山市となる予定でしたが、山形県に同名の市があるため、武蔵村山市という名称となりました。ちなみに「村山」の名称の由来は、狭山丘陵の峰々を意味した「群山(むれやま)」が訛ったものだと言われています。東京都内で唯一鉄道がない武蔵村山市ですが、狭山丘陵の自然をそのまま活かした六道山公園や市立山北公園、また村山貯水池や山口貯水池などがあり、カタクリの群生やホタルの生息地として知られています。また、江戸時代の民家を復元して里山体験ができるイベントも行なっています。

  • 立川市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 立川市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 立川市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 立川市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ