千代田区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

千代田区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

千代田区の人気と今後

千代田区は、日本の首都東京の中でも、中心的な役割を担う区として有名です。政治や経済、教育などといったありとあらゆるカテゴリーにおいて、国家の中枢を担っています。千代田区の特徴としてあげられるのは、政治や経済、司法などといった分野における心臓部とも呼ばれる機関が揃っている点です。そんなこともあり、企業の本社やそれに付随する機関も多くあるのです。さらには、官公庁や裁判所などといった機関も多く存在しています。千代田区は、グローバル社会の勢いが増している中、外国人からの熱い視線も注がれています。訪日外国人観光客の話題が連日のように取り上げられていますが、日本を訪れた際には、必ずといっていいほど、千代田区を訪れるとされています。そんな中、千代田区の地価については、他の区よりも格段に高いとして知られています。そのため、千代田区内に住むということは難しく、勤務先として、千代田区を訪れるという人が多くなっています。昼間の人口が多いとされるのも、そんなことに起因しているといえるでしょう。千代田区内には、多くの公共交通機関が走行していることでも有名です。JR線はもとより、地下鉄やバスなどのラインナップが充実しています。

メールでのお問い合わせはこちら

東京都千代田区について。

千代田区は東京都の特別区の一つで、東京23区のほぼ中央に位置します。千代田区は1947年に麹町区と神田区が合併してできました。千代田区は徳川幕府の頃より政治の中心として栄え、明治維新後の新政府下においても首都機能が置かれて日本の政治の中心地としての役割を担ってきました。現在においても司法及び立法、行政の中心として、千代田区には国家権力の中枢が集中しています。千代田区内における丸の内や大手町、日比谷には都市銀行の本店や巨大企業の本社機能が集結しており、日本経済の中心的な機能を担っています。在外公館として、各国の大使館や領事館等があります。救急告示医療機関の他、東京都で災害拠点病院に指定されている病院があります。路上での喫煙を禁止する条例を千代田区が日本で初めて施工しました。鉄道機関では東日本旅客鉄道や東京地下鉄、東京都交通局、首都圏新都市鉄道が運営する電車を利用することができます。複合商業施設としては丸の内ビルディングや有楽町イトシア、丸の内マイプラザ等があります。名所としての公園には皇居外苑や日比谷公園、北の丸公園等があります。文化施設としては日本武道館や東京国際フォーラム、国立劇場等のイベントホールがあります。

襖の張替えを行う時のコツについて

"襖は見た目が綺麗なものが多く、部屋のアクセントとして非常に効果的なアイテムです。 ただ襖は紙などの柔らかいもので出来ているため、ちょっとしたショックで破けてしまいます。 更に汚れにも弱い所がありますから、何らかの汚れがこびりついてしまうことも少なくないです。 そういう時は襖の張替え作業をしたほうがよく、業者に頼めばすぐに対応をしてくれます。 最近は襖の張り替えを頼む時の費用がやすくなっていて、仕事を頼みやすいことが多いです。 特に複数の襖張替を頼むと料金が安くなりやすいですから、そういう形で頼むことができればお得です。 また襖の張り替えを頼む時に特殊な紙を使ってもらうことも可能で、そういう形で行うことができれば便利です。 今は特殊な紙を使った襖が利用しやすくなっており、非常に丈夫で汚れにも強くなっています。 そういう商品では紙以外のものを使ったタイプも存在しており、そのような製品は高い耐久性があります。 このように最近は色々なタイプの襖が利用できるので、自分に向いている商品を選びやすいです。 また襖の張替えを業者に頼むときはネットが便利で、ネットならば多くの業者の情報を集められます。 そういう形で情報を集められれば、いい条件で頼みやすい業者をみつけやすくなります。

襖のお手入れの仕方について

" 襖とは、和室に用いられる、部屋を仕切る日本の伝統的な建具です。木で骨組をつくり、両面に比較的厚い襖紙をはります。  襖柄(ふすまがら)にはさまざまなものがあります。昭和初期頃までは襖屋さんが手描きで襖柄を作成していました。現在は印刷で柄を作成しています。  襖のしみやカビの多くは、ふすまについた汚れから発生します。一度目立つ様になってしまうと、元通りにすることが難しくなります。普段のお掃除の際、まめにはたきをかけて埃を払うと良いでしょう。襖紙は水を吸いやすく、洗剤にも強くありません。拭くときは水拭きではなく、から拭きにしましょう。汚れがひどい時のみ、堅く絞った雑巾で拭きます。  襖紙の汚れが広範囲に渡ったり、経年劣化による黄ばみなどの場合は、襖の張り替えをしましょう。1度綺麗にした後は、防水スプレーをかけておくと、汚れや変色防止になります。  最も汚れがつきやすい場所は、引き手まわりです。襖を開け閉めする際濡れている手や汚れている手で触ってしまい、汚れが目立つ様になりがちです。汚れがついてしまった場合は、やわらかい消しゴムで丁寧にこすると汚れが落ちることがあります。油性の汚れを落とすのは難しい様です。  

東京都千代田区のあれこれ

面積1164キロ平方メートル 東京23区のほぼ中央に位置する千代田区の中心は旧江戸城の皇居で区域は江戸城外郭とほぼ一致する。江戸城は言うまでもなく、天正18年の徳川いえやすの江戸入府以来278年間、幕藩体制の要に位置し、近世日本の政治、経済の中心であった。当時、江戸城本丸、二の丸、西の丸などの内閣を取り囲む江戸城外郭は、その大部分が武家屋敷で、現在の丸の内、霧が関、永田町一体は大名屋敷が軒をつらね、番町から駿河台の東側、昌平橋を結ぶ一体は旗本屋敷であった。一方筋違い橋と神田橋伊東には、日本橋の商業地帯に続く承認と職人の町、神田が、武家地と著しい対照を見せて存在していました。 明治11年、郡区町村編制法の発布に伴い、東京都に15区6軍が置かれた際、麸町区と神田区が生まれた。当時麸町区には官庁が63あり、15区の総数の36%を占め、また学校数では、神田区の92が15の首位を占め、官庁の町麸町、学校の街神田の特色は早くもこの時期に見られました。 大正12年の関東大震災は、区内の様相に大きな変化を与え、電車、バスを始めとする東京駅中心の交通網の著しい整備は丸の内をビジネスセンターとして発展させる大きな要因となっていました。 第二次世界大戦の空襲に依る戦災は、関東大震災にもまさる大きな被害をもたらし、区内の大半は焦土と化した。昭和22年3月15日麸町区と神田区が合併、江戸城の別名千代田城にちなんで新たに千代田区が誕生しました。 戦後30数年の発展はめざましく、皇居を中心に長田区、霞ヶ関一体は我が国の政治の中心として司法、行政、立法の最高機関が集中し、丸の内、大手町では我が国の中枢として一台ビジネスセンター外を形成しています。一方神田界隈は、江戸時代からの庶民の街の伝統を持つ商人の町、また本屋と学校の街で、大小の出版社、書店や、明治大学、日本大学専修大学をはじめ、高校、中学、各種専門学校が、集中しています。特に古本書店は全国の半数以上がこの地区に集中している。区内は江戸時代幕藩体制の中枢の地でありました。皇居周辺を覗いては、火災、震災、戦災に加え、都市化の波に現れて、旧態を留めるものみであるが、丹念に歩けば、かつての面影を描くことはできる。美術館、博物館などの見るべき文化施設はとても多いです。 皇居千代田区、地下鉄千代田線二重橋前下車 千代田区のほぼ中央、旧江戸城西の丸に位置し、4週を内堀に囲まれ、丸の内側の皇居外苑と二重橋によって結ばれる。

東京都千代田区について

東京都千代田区は、東京23区のほぼ中心にあります。東は中央区、西は新宿区、北は文京区と大東区、南は港区と、それぞれとなりあっています。千代田区の面積は、11.64平方キロメートルで、東京23区の中では、19番目に大きいです。
千代田区の中央には、皇居があります。区の花は、さくら。千代田区内には、いろいろな種類のさくらが植えられています。春には、約3300本ものさくらが咲きます。美しい、春の訪れを感じることができ、人々の心を楽しませてくれます。
千代田区の木は、まつです。新春を祝う松としてしたしまれています。千代田区にはくろまつが多く植えられ、皇居をはじめ、約6800本植えられています。皇居外装の松は、日本の名松100選にもえらばれるほどです。
千代田区の鳥は、はくちょうです。寄贈によりはるばるドイツからやってきた24羽のこぶはくちょう。現在は、皇居の、水面を浮かぶ白鳥12羽が皇居の松と石垣を背景にし、人々の目を楽しませてくれます。とても美しい姿です。
皇居周辺は、観光名所で有名です。皇居は、江戸城があった場所です。御所へは普段は入れませんが、年に数回一般参賀の日には誰でも入ることができます。また、皇居周辺はランニングコースとして人気があります。5キロのランニングコースで信号もなく走りやすく、景色もよいという点からです。

東京都千代田区のあれこれ

面積1164キロ平方メートル 東京23区のほぼ中央に位置する千代田区の中心は旧江戸城の皇居で区域は江戸城外郭とほぼ一致する。江戸城は言うまでもなく、天正18年の徳川いえやすの江戸入府以来278年間、幕藩体制の要に位置し、近世日本の政治、経済の中心であった。当時、江戸城本丸、二の丸、西の丸などの内閣を取り囲む江戸城外郭は、その大部分が武家屋敷で、現在の丸の内、霧が関、永田町一体は大名屋敷が軒をつらね、番町から駿河台の東側、昌平橋を結ぶ一体は旗本屋敷であった。一方筋違い橋と神田橋伊東には、日本橋の商業地帯に続く承認と職人の町、神田が、武家地と著しい対照を見せて存在していました。 明治11年、郡区町村編制法の発布に伴い、東京都に15区6軍が置かれた際、麸町区と神田区が生まれた。当時麸町区には官庁が63あり、15区の総数の36%を占め、また学校数では、神田区の92が15の首位を占め、官庁の町麸町、学校の街神田の特色は早くもこの時期に見られました。 大正12年の関東大震災は、区内の様相に大きな変化を与え、電車、バスを始めとする東京駅中心の交通網の著しい整備は丸の内をビジネスセンターとして発展させる大きな要因となっていました。 第二次世界大戦の空襲に依る戦災は、関東大震災にもまさる大きな被害をもたらし、区内の大半は焦土と化した。昭和22年3月15日麸町区と神田区が合併、江戸城の別名千代田城にちなんで新たに千代田区が誕生しました。 戦後30数年の発展はめざましく、皇居を中心に長田区、霞ヶ関一体は我が国の政治の中心として司法、行政、立法の最高機関が集中し、丸の内、大手町では我が国の中枢として一台ビジネスセンター外を形成しています。一方神田界隈は、江戸時代からの庶民の街の伝統を持つ商人の町、また本屋と学校の街で、大小の出版社、書店や、明治大学、日本大学専修大学をはじめ、高校、中学、各種専門学校が、集中しています。特に古本書店は全国の半数以上がこの地区に集中している。区内は江戸時代幕藩体制の中枢の地でありました。皇居周辺を覗いては、火災、震災、戦災に加え、都市化の波に現れて、旧態を留めるものみであるが、丹念に歩けば、かつての面影を描くことはできる。美術館、博物館などの見るべき文化施設はとても多いです。 皇居千代田区、地下鉄千代田線二重橋前下車 千代田区のほぼ中央、旧江戸城西の丸に位置し、4週を内堀に囲まれ、丸の内側の皇居外苑と二重橋によって結ばれる。

  • 千代田区激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 千代田区格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 千代田区格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 千代田区格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ