調布市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

調布市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税別)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税別)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

東京都調布市について

東京都調布市は、東京都のほぼ中央、多摩地区の南東部に位置しており、新宿副都心まで15kmの距離となります。調布市の中央部には、東西に京王線が走り、国道20号と中央自動車道が通り、これを中心として市街地が形成されています。都心に近く、住環境の整った住宅地という役割りを担っています。調布市の人口は、東京都内で第5位となっています。そんな調布市の市域の総面積は、21.58平方kmとなっています。 調布市の市章は、調布市の頭文字である「ち」の文字を図案化し、市民の協和と無限に伸展する市勢を象徴した市章です。また、調布市の市の花は「百日紅」であり、市の木は「クスノキ」、市の鳥は「メジロ」、市のゆるキャラは、ハーモニー君、柴崎さき、きゅんたが存在しています。 調布市では、調布観光フェスティバル、境港妖怪検定、調布市花火大会、元三大師大祭だるま市などのイベントが開催されています。また、観光スポットについては、深大寺、神代植物公園、布多天神社、國領神社の藤などが挙げられます。特産品については、深大寺そば、深大寺だるまかりんと、深大寺土鈴、深大寺赤駒などがあり、ご当地グルメとして、そばサンドが存在しています。

メールでのお問い合わせはこちら

都心に隣接する調布市

東京都の中央部分、多摩地域の東端にある調布市は、都心である区部と隣接しているという立地から住宅地としてよく整備されています。調布市の名の由来としては、律令制の税制である租庸調の調として特産物の布を納めていたことから来ています。幕末に活躍した新選組の局長を務めた近藤勇の生家もこの調布市にありました。市内には東京都営の調布飛行場があり、戦後アメリカ軍によって接収されていた時期もありましたが東京オリンピック開催に合わせて日本に返還され、伊豆大島や三宅島といった東京都の離島を結ぶ重要な交通網となっています。独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の本社も調布市内にあり、日本における宇宙開発の拠点として小惑星探査機はやぶさの打ち上げなど数多くの実績を積み重ねてきました。スポーツ施設も多く、Jリーグに加盟しているFC東京や東京ヴェルディの本拠地として使用されている味の素スタジアムはこの調布市にあります。また、角川大映スタジオや日活撮影所といった映像関連のスタジオも多く、それに合わせて芸能プロダクションの石原プロモーションが調布市に本社を置いています。鉄道路線としては、調布市にある駅はすべて京王電鉄のものとなっています。

襖の成り立ちについて

"襖の歴史は古く、平安時代より始まったとされています。それまでの貴族の住宅は、壁と扉のみで室内を仕切る建具のない広間様式でした。この頃は空間を仕切るものとして、すだれや屏風、障子などが使われていました。その中でも、衾所(ふすまどころ)と呼ばれる寝室の仕切りに用いたものを「襖」と呼ぶようになったとされています。 初期の頃の襖は、板状のついたての両面に絹織物を貼ったものだったと考えられています。平安時代末頃になると紙漉きの技術が格段に進歩し、非常に薄い紙を漉けるようになったことで明り障子と呼ばれる現代の障子が誕生します。一方襖はというと、絹織物や唐紙(中国から来た文様紙)を貼ったものとされていましたが、構造的には障子と襖の大きな違いはありませんでした。 その後、鎌倉・室町時代の襖は引き違いで用いられるようになり、現在の使われ方が確立していきます。またこの頃の大きな変化として、大和絵などが描かれるようになったことが挙げられます。武士が権力を握った時代の襖絵には虎や鳳凰、松などが時代を代表する絵師によって次々描かれ、襖絵の黄金時代とも呼べるでしょう。 江戸時代になると庶民にも普及し始め、現代に繋がっていきます。 歴史の長い襖ですが、登場した平安時代から現代に至るまで、その基本的な構造は変わっていません。日本人の生活様式は大きく変化してきましたが、襖造りの技術はこれからも受け継がれていくでしょう。

襖の張替店についての記事

和室に何らかの拘りを持っているという人も少なくないのではないでしょうか。和室は落ち着いて過ごすことが出来る部屋になりますし、お客さんが来たときに通す部屋にもなりますので、より落ち着いた空間にすることがポイントになってくるでしょう。このことから人気を集めているものが襖になります。襖には様々な種類がありますので、自分が気に入ったデザインにすることによって、和室をより良いものとして利用を行うことが出来ることになります。この襖は長く利用をしていると破れたり壊れたり汚れがひどくなってしまうことにもなりますので、慎重に取り扱いを行うことがポイントになってきます。そのようなことになったときには、張替店に依頼を行って襖の張替えを行ってもらうことが効果的なものとなります。張替店にもいくつかありますので、張替店を選ぶときにはインターネットのサイトや口コミから張替店の評判などを知って選ぶとよいでしょう。それによって、よりよい襖の張替店を選んで張替えをスムーズに行うことが出来ることになるでしょう。このことを知っておくと、襖の張替店の利用を行って、和室をより良いものにすることが出来ることに繋がっていくでしょう。

調布市にはどんな特色があるのか

"東京都にある調布市といえば、「映画のまち」として有名です。調布市内には、「ガメラ」や「妖怪大戦争」などの映画を撮影した角川大映撮影所があります。 角川大映撮影所は、特撮映画を今までにたくさん撮影してきた歴史をもちます。
また、調布市には「映画俳優の碑」もあります。名優であった森繁久弥さんの名前もそこに刻まれています。昔は、「東洋のハリウッド」とも呼ばれる土地であった調布市の歴史が偲ばれる碑です。今では、ひっそりと佇む碑となっています。
調布市といえば、「日活撮影所」も忘れてはなりません。この撮影所は今でも映画やテレビドラマ、テレビコマーシャルなどの撮影が多く行われています。テレビや映画に出てくるシーンは、およそ3割が調布市の日活撮影所で撮られているのだそうです。
実は、有名な「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である漫画家の水木しげる氏も現在は調布市に住んでいます。調布市から名誉市民の称号も与えられています。NHKで「ゲゲゲの女房」という連続ドラマが撮影されましたが、オープニング曲では調布の風景がテレビ画面に流れていました。
「映画のまち」である調布市ですが、実は小説や漫画においても素晴らしい作品が多く生み出されています。小説家の西村京太郎氏がミステリー小説を書いたり、漫画家の水木しげる氏が「墓場鬼太郎」シリーズや「悪魔くん」などの傑作漫画をこの土地で描いています。

  • 調布市激安畳張替え
    期間限定2,000円(税別)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 調布市格安ふすま張替え
    1,400円(税別)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税別)~

  • 調布市格安障子張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税別)~

    もっと詳しくみる

  • 調布市格安あみど張替え
    1,400円(税別)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ