横浜市鶴見区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

横浜市鶴見区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

鶴見区に住んでいました

3歳から9歳まで父親の仕事の都合で、横浜市鶴見区に住んでいました。小学校も鶴見区内の平安小学校で、小学校1年生から3年生まで通っています。当時のことをいくつか書いてみると、まず休み時間に校庭でよくドッジボールをクラスメートとしました。小学生のときは体が小さくて腕力がなかったので、逃げてばかりでしたがとても楽しかったです。次に給食で印象に残っているメニューは揚げパンです。きな粉をまぶしてあってとてもおいしく、残っていたらおかわりがOKだったので、3個も食べた記憶があります。さらに、友達と遊んだときによくファミコンをしました。ロックマンやドラゴンクエスト、スーパーマリオなどに夢中になり、母親に叱られることが度々ありましたね。また、鶴見区内にはたくさんの店が軒を連ねた商店街があり、母親と夕食の買い出しに行ったり、友達とお菓子を一緒に選んだことを思い出します。そして、毎年1月には箱根駅伝が行われますが、鶴見区内は通過地点の1つです。当日父と一緒に見物に行ったところ、沿道に人がたくさん集まり、ランナーに声援を送っていました。現在は鶴見区に住んでいませんが、機会があったらぜひ立ち寄ってみたいです。

メールでのお問い合わせはこちら

横浜市鶴見区のことを考えてみましょう

横浜市鶴見区は臨海部に位置している区で、工業地帯としても非常に有名です。また隣接している自治体には、川崎市の川崎区や幸区、横浜市の神奈川区などが挙げられます。鶴見区の特徴として、交通機関が豊富にあるということが言えます。JR線京浜東北線や鶴見線、南武線があり、さらに京急線も通っています。そのため、非常に便利に移動することが出来るというメリットがあります。路線バスでは横浜市営バスや東急バスが運行されており、道路に関しては首都高速道路の汐入出入口などがあります。そして次に、鶴見区には住宅団地が多く建てられているということです。具体的には、市営住宅矢向や生麦、鶴見中央などが存在しています。また教育機関や研究所も充実しており、鶴見大学や理化学研究所などが挙げられます。そして三つ目の特徴として、鶴見区は国内の多くの市と友好関係を結んでいると言えます。例えば、福島県の棚倉町や西会津町、さらには石川県の輪島市が友好交流都市に当たります。今後も益々、友好関係が深まるものと考えられます。一度鶴見区に足を運んでみて、気になった点などを友人や家族と共に話し合うことが大切です。これらを基にして、改善点を考えてみることも重要になります。

神奈川県横浜市鶴見区について

神奈川県横浜市鶴見区は区の東部に位置し、神奈川区や港北区などと隣接しています。横浜市鶴見区の総人口は約280000人で、東京湾に面していることが特徴です。横浜市鶴見区ですが、「生麦事件」が起こった地として知られています。生麦事件とは、鶴見区にある生麦で1962年9月14日に薩摩藩士がイギリス人を切りつけた事件です。薩英戦争の原因となったこの事件の舞台場所で、今でも京急本線生麦駅の近くには事件の石碑が建てられています。また横浜市鶴見区にはこの事件の資料を集めた「生麦事件参考館」がありました。海に面しており京浜工業地帯の中核である鶴見区には、様々な企業の工場があるのが特徴です。「森永製菓鶴見工場」では、森永製菓の様々な製品の包装工程などを見学することが出来るのが特徴です。製品の試食をすることができ、お土産がもらえたりレア商品などを購入することができます。子供だけでなく大人も満足することができる工場見学が可能で、人気があります。他にも横浜市鶴見区には「キリンビール横浜工場」があり、ビールを作る過程や工場見学はもちろん、ビール作り体験などもあります。ビール工場ですが子供が楽しむことが出来るものもありおすすめです。

規格外でもプロの襖張替店なら安心

"襖の張替えは高額と思われる方も少なくありませんが、昨今では低価格化が進んでおり、1枚で二千円もしないところも出てきました。そのため、自分たちで張替え用の用紙を購入して張替えるよりも、プロの襖張替店にお願いしたほうがかえって安くつくようになってきています。 低価格では品質が不安と考える方もいますが、事前に口コミや実際に低価格の襖張替店に依頼した家庭の完成写真をチェックすることで、品質の良さと低価格を気に入って依頼する人も少なくありません。 張替店に依頼する前には、必ず襖の枚数と予算をチェックしてから、見積もりをもらう場合が増えてきています。見積もりといっても口約束の概略ではなく、用紙に書かれたものを提出する張替店に依頼しましょう。口約束では後からトラブルが発生しやすくなっているからです。安心して依頼できるように、襖張替店に関する事前の調査が重要といえます。 また、家によっては襖の大きさが規格外となっている場合もありますが、低価格の張替店で依頼した場合、通常よりも高額となるかどうか不安に思われがちです。しかし、信頼できる襖張替店であれば、事前に張替店の担当者が襖の大きさや枚数を計測し、適切な見積もりを提供してくれます。

  • 横浜市鶴見区激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市鶴見区格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 横浜市鶴見区格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市鶴見区格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ