さいたま市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。お金をかけたくない市営住宅の襖や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円ふすまの張替え

さいたま市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

襖の張替えをしたいなら襖の専門業者が最適です

襖の張替えをする時にはただ襖紙を張替えるだけではなく、メンテナンスをすることも必要であることから専門の業者に依頼をすることが求められます。時折自分で襖の張替え作業を行う人がいますが、素人が完璧にこの作業を行うのは至難の業です。
また襖の張替えをするには様々な道具が必要になります。襖紙はもちろんですがバールや専用ののり、刷毛や定規、カッターに加えて作業を行うためのスペースも必要になりその後はしっかりと乾燥をさせなければならないのです。
いい加減な張替えをすると見た目に問題があるだけではなくその襖の開閉にも支障が出るので、余計な力を加えなくてはならず開閉がしにくくなります。しかし、業者に依頼をすれば張替えをする際にメンテナンスをしてもらうことができるのです。
専門の業者によるメンテナンスを受ければ補強をしてもらうこともできることから、その持ちが違います。骨組みが緩まないように補強を行うことで丈夫な襖にすることができ、長年にわたって使い続けることができるのです。
業者であれば規格外の襖の張替えにも対応をしており、その襖にあったサイズの紙も多数揃っています。デザインも豊富で、自分の趣味にあったものを自由に選択することができ専門的なアドバイスをもらうことも可能です。

メールでのお問い合わせはこちら

合併後の埼玉県さいたま市に見られる、さいたま市各エリア独自の良さ

さいたま市は埼玉県の県庁所在地で、従前の浦和市、大宮市などが合併し、埼玉県内で最大の都市になりました。以前の各市は、現在では区の形で残っていて、それぞれの区は今でも独自性を残しています。元々浦和市だったところと岩槻市だったところでは、さいたま市内でも異なる特色が見られます。
埼玉県さいたま市の各エリアの特徴ですが、まず浦和エリアに関しては、従前からの文教都市としての特徴を多分に残しています。県内では、小学校から良質な公立の学校が多いことで知られているエリアです。塾や習い事なども充実していて、落ち着いた住環境が特色です。
大宮エリアは商業施設が充実しています。県内の他の都市や都内はもちろんのこと、大宮駅には新幹線も停車するため、さいたま市の中では鉄道アクセスが最も良い地域です。活気がある街で、駅ビルなどは常に若い人たちからの人気を保っています。
さいたま市の他のエリアとしては、車通勤などに便利な岩槻区があります。このエリアは、さいたま市の他のエリアに比べて賃貸住宅などの相場が手頃なので、電車でのアクセスが必要ない場合には、良い選択肢になります。
各地域とも、古くからの住民もいますが、新規に転入する人が多数いる為、排他的な傾向が低く、あまり密接な近所付き合いや地元のイベントへの参加などを強要されることはありません。この点でさいたま市は、都内と住環境が似ていて、都心部やその郊外で育った層にとっては、大変住みやすい地域です。

襖の誕生から現在に至るまでの歴史と襖を張替える意味

いくつかの部屋が1フロアにあるのは、今や当たり前のことですが、それが日本で浸透したのは鎌倉時代以降のことです。それまでは、基本的には1フロアに1部屋でした。ただ、それでは使い勝手が悪いので、今で言うところのパーティションを用いて、エリアを区切っていました。
当時、パーティションとして用いられていたのが、衝立、几帳、簾、襖等です。襖とは元来、衣服に関する用語なのですが、「ふすま」という言葉は衾という字を用いて寝具のことを指しました。そして、現在の襖は当時、衾と書きました。従って、襖は寝室の為のパーティションだったのです。
そして鎌倉時代以降、1フロアで複数の部屋が存在するようになると、襖は寝室を区切るというよりも、主に扉の役割を担うようになりました。それが現在まで継続されているのです。但し、使用方法は変わっても襖自体の構造は、誕生当初から現在に至るまで基本的には同じです。
ご存知のとおり、襖はもろいものですから、ちょっとしたことで大きなダメージを負ってしまいます。ダメージを負ったままでは部屋のイメージが損なわれてしまいますから、張替えが必要となります。また、大きなダメージがなくても、劣化は生じますから、定期的な張替えは必要となります。
大きなダメージはなくても劣化した襖を張替えるだけで、部屋のイメージは一新されます。壁紙のように大掛かりな張替えではありませんから、効率的な部屋のイメージの一新だと言えます。張替えは自分で行うこともできますが、仕上がりを考えれば、業者に依頼するのが最善です。

襖業者に襖の張り替えを頼む場合について

襖が置かれている環境や、その使用状況などによって、汚れや破損の発生頻度が大きく変わってきます。小さなお子さんがいる家庭であれば、短期間でボロボロになってしまう可能性があります。一方、大人しかいない家庭であれば、かなり長い間キレイな状態を維持することができるでしょう。
 つまり、どの位使用した段階で襖の張り替えもしくは交換を行うべきなのかについては、一概に言うことができません。それぞれの家庭が独自の基準で判断すべき問題なので、張り替えたいと考えた時がまさに張り替え時だと言えるでしょう。
 ただし、満足のいく形で襖の張り替えを行ってもらいたいと考えているのであれば、襖業者に注文を出すタイミングを工夫するのがおすすめです。作業を依頼する人で混み合っている時期に注文しても、じっくりと相談に乗ってもらえない可能性があるからです。
 襖の張り替え作業自体は、季節を問わず、1年中いつでも好きな時に行うことができます。ただし、実際には、新年をキレイな襖で迎えたいと考える人が多いので、年末は作業の依頼件数が増加します。ですので、年末は避けるようにした方がよいかもしれません。
 襖業者があまり忙しくなさそうな時期を狙って注文を出すようにした方が、じっくりと時間をかけて相談に乗ってもらえる可能性が高くなります。どの絵柄にするべきか迷ってしまう人がとても多いので、プロのアドバイスを希望しているのであれば、年末は避けるようにするのが得策です。

さいたま市の過去、現在、未来を見通す

さいたま市は埼玉県南東部に有る人口125万人を有する大都市で、同県の県庁所在地でもあります。東京都心部から近く交通便も充実してるために多くの人が都心へ通っているのが特徴です。またプロサッカーチームの浦和レッズの本拠地でもあります。
そんなさいたま市は3市合併により誕生し、更に岩槻市を編入する形で現存しています。このさいたま市の合併構想は古くは戦前に遡り、何回も合併の機運が高まっては取り止めになった経緯もあってむしろ当然の成り行きといえるでしょう。
現在のさいたま市は10個の区に再編されており、象徴的な地域は中央区に作られたたさいたま新都心です。浦和区にある県庁は別として数多くの県の行政機関や国の出先機関が配置されるとともにビジネス街も形成されています。
またさいたま市の鉄道網の中心となるのが大宮駅です。さいたま市には在来線、新幹線、私鉄、新都市交通まで40以上の駅がありますが、その殆どの駅と乗り換える事なく行くことが出来ます。また都心から各方面の分岐駅でもあるため、一日の乗降人員が40万人近くの大ターミナルになっています。
さいたま市の人口は右肩上がりで2014年現在でも増加を続けています。これは交通便の良さや県庁所在地であることに加えて、地価が安く都心で働く人のためのベッドタウンとして好まれている事も理由に挙げられています。その為にさいたま市の将来性は高いといえるでしょう。

さいたま市の概要やスポーツなどについて

さいたま市は埼玉県の南部に位置し、埼玉県の県庁所在地となっています。政令指定都市にも指定されており、10の行政区から構成されています。政令指定都市では唯一内陸に位置しています。人口は約127万人となっており、日本で9番目に人口の多い市となっています。さいたま市は関東平野の中心部に位置しており、全域が台地や低地からなっており、標高も低くなっています。土地利用としては、東京都心からも近いため、ベットタウンの一つとなっています。そのため、人口は増加傾向にあります。最近では各中央官庁の地方支分部局が東京からの移転が進んでいます。都市機能は浦和駅やさいたま新都心駅などに集まっており、多くの人で賑わっています。さいたま市の気候としては温暖湿潤気候に属しており、夏季にくれべ冬は降水量が少なくなっています。さいたま市はスポーツも盛んで、その中でもサッカーは特に盛んです。市内には埼玉スタジアム2002もあり、日本代表戦や浦和レッドダイヤモンズが使用しています。さいたま市を本拠機としているプロサッカークラブは浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、浦和レッドダイヤモンズ・レディースがあります。J1規格以上のサッカースタジアムが3つある都市はさいたま市だけとなっています。

フリーダイヤル

埼玉県さいたま市について

さいたま市は、埼玉県の南東部に位置している市です。さいたま市は、埼玉県の県庁所在地です。さいたま市の面積は217.43平方キロメートルで、東西に19.6キロメートル南北に19.9キロメートルの市域を持っています。さいたま市の総人口数は平成28年6月1日現在で、127万6937人で56万6317世帯が暮らしています。この総人口数は日本の中で、9番目に人口の多い市となっています。さいたま市は地方自治法で定められている、法定人口数が50万人以上の市に指定される政令指定都市です。さいたま市は平成13年5月に浦和市と大宮市と、与野市の3市合併によって誕生した市です。さいたま市は東京都心から約20キロメートル圏内に、位置していて交通アクセスの良さなどから都心のベッドタウンとして人口数が急増しています。さいたま市に隣接している自治体は上尾市と川口市、朝霞市と川越市と志木市と戸田市と蓮田市、富士見市と蕨市と春日部市と越谷市と白岡市と接しています。さいたま市の市の木はケヤキと制定されていて市内にある、調神社や埼大通りにある日本一長いケヤキ並木なども有名です。市の花はサクラソウが、市の花木はサクラと制定されています。さいたま市には桜の名所百選にも選ばれている大宮公園や与野公園、玉蔵院などの名所もたくさんあります。

メールでのお問い合わせはこちらから

さいたま市の人気の観光スポットについて

ここではさいたま市で人気の観光スポットについてです。さいたま市は都心からも近く、観光も比較的簡単で人気があります。まずは鉄道博物館です。ここはさいたま市大宮区にあり、鉄道の歴史や車両内の設計がわかりやすく展示してあります。今まではあまり鉄道に関心がない方でも、行ってみると楽しめます。また京浜東北線などの体験運転も可能になっており、子供でも楽しめます。次は武蔵一宮氷川神社です。ここもさいたま市大宮区にあります。この神社は2000年以上の歴史がある由緒正しい神社で、有名なパワースポットにもなっています。そのため多くの人が訪れています。駅からも近く、アクセスも簡単になっています。さいたま市の市街地では味わえない雰囲気があり、癒しを得ることができる空間となっており、散策をするのも良いです。次は埼玉スタジアム2002です。ここはサッカー専用スタジアムとなっており、浦和レッドダイヤモンズが本拠地として利用しています。日本でサッカーW杯が開催されて際には、多くの試合が開催されました。試合時には盛り上がり素晴らしい雰囲気になります。スタンドが真っ赤に染まり、熱が伝わってきます。最大観客動員数も多く、芝も日本屈指のものが使われています。

  • さいたま市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • さいたま市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • さいたま市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • さいたま市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ