草加市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。お金をかけたくない市営住宅の襖や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円ふすまの張替え

草加市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

襖の様々な用途や張替えについて

襖は部屋の間仕切りにも使用できますし、取り外すことで部屋を広く使用することもできる大変便利な建具として古来から日本で愛用されてきたものです。また、襖紙は張替えも可能で、部屋の雰囲気を変えるのにも役立ちます。
襖の歴史はとても古く、一時期は襖に様々な絵画を書くのが流行した時期もあります。現在でも日本画が描かれているものも多くありますが、古代の襖は国の重要文化財として大切に保存されているものなどもあるほどです。
襖は表面が汚れたり破損をした場合は、骨組みがしっかりしていれば表面だけを張替えることで再度使用することができます。最近では様々な模様の襖紙があるので、部屋の雰囲気に合わせて張替えを楽しむこともできます。
張替えの際は、枠組みを外したり取っ手の部分を外したりと手間と労力が必要になります。張替えの専門業者も数多くあるので、依頼すると簡単に貼替えてくれるので便利です。また、取っ手の部分を変えるだけでも雰囲気が変わります。
張替えは頻繁に行う必要はないですが、素材が紙で出来たものの場合は、時間が経つと黄ばんできたり汚れが目立つようになります。張替え料金は業者によって異なりますが、長く使い続けるためには専門の業者に依頼することが望ましいと言えます。

メールでのお問い合わせはこちら

せんべいの草加市は都心へ早くアクセス

せんべいが真っ先に思いつきそうな草加市は都心へ早くアクセスできるエリアになってます。路線こそ東京スカイツリーラインのみですが東京メトロ日比谷線からの直通列車が各駅停車の役割を果たしているので東武側がトラブルになっても、反対に日比谷線がトラブルになっても影響を受けにくい運行形態になってます。 草加市において中心になるのが草加駅ですが、急行まで停車するので便利です。というのは基本的に急行は曳舟から半蔵門線に入って渋谷方面まで直通するので、そちらへ行きたい場合は乗り換えなしで早いと思います。 谷塚・松原団地・新田も草加市内に含まれ、これらの駅は急行は止まりませんが草加などで乗り換えてしまえば問題が無いのと前述のように普通は日比谷線直通なので北千住で乗り換えることなく都心へ行かれます。 また草加駅からは成田・羽田空港直通のリムジンバスが出ていますので一旦都心へ迂回することなく草加市からダイレクトに空港アクセスできるのは大きいと思います。駅周辺には総合商業施設であるアコス・ヴァリエがあり、その中にマルイやイトーヨーカドーが入っているので生活に必要な物はほぼ足りますし、単純に楽しむ面からも一日過ごせます。 草加市は路線が1本だけで意外と不便そうですがルートを分かっていれば便利であることと大規模な商業施設があるので周辺エリアを居住の候補に入れても十分良いと思います。

フリーダイヤル

埼玉県草加市の歴史と成長

埼玉県草加市は、25万人近い人口を擁する特例市(法定人口20万人以上)に指定されている都市です。人口数は県内では所沢市に次いで6位です。地理的には、埼玉県の南東部に位置し、東京都との県境にあります。草加の歴史を辿ると、江戸時代には日光街道の宿場町として栄え、その後、近隣の町村が合併して草加町となり、1958年に草加市となりました。草加市となって以降は、人口の増加が顕著に現れました。その要因として、東京都に隣接している立地条件の他に、かつては最大のマンモス団地と言われた松原団地の建設があります。他にも、共同住宅が多いのが草加市の特徴と言え、都心までの通勤・通学のベッドタウンとしての役割を担っています。草加市の産業の主力として、草加煎餅があります。手焼きの?油味の煎餅を中心に、市内に100以上の店舗が軒を連ね、全国的に知名度のある地域ブランドになりました。その後、大量生産品の普及もあり、全盛期ほどの勢いはないものの、現在でも50以上の店舗が健在しています。草加松原と呼ばれる名勝もあります。日光街道の宿場町として栄えていた頃の名残で、綾瀬川沿いに千本松原と呼ばれる石畳の遊歩道があります。草加市内を走る鉄道路線は、東武スカイツリーラインの1本(4駅)だけで、東京方面および埼玉県の他市や伊勢崎方面への重要な足となっています。

メールでのお問い合わせはこちらから

埼玉県草加市の鉄道事情

現在、埼玉県草加市には東武伊勢崎線が通っており、市内には「草加駅」を含む4つの駅があります。この東武伊勢崎線は1899年に開通した路線で、開業当初は北千住駅(東京都足立区)から久喜駅(埼玉県久喜市)を結んでいるだけでした。ですが、東京の都心へ出るにはとても便利な路線で、草加市民には大いに活用されてきました。現在では、東武伊勢崎線の起点は、北千住駅よりもさらに先の浅草駅(東京都台東区)まで延長されています。また、北千住駅から枝分かれする形で、東京メトロの2つの地下鉄路線とも直通の相互乗り入れが行われるようになっているなど、ますます便利になっています。なお、北千住駅から東京メトロ日比谷線に乗り入れた場合は、その起点である中目黒駅にまで至ります。また、北千住駅から東京メトロ半蔵門線に乗り入れた場合は、半蔵門線の起点である渋谷駅を経由し、さらに東急田園都市線の中央林間駅(神奈川県大和市)まで直通運転がなされています。このように草加市をとりまく交通環境は非常に利便性が高いため、戦後の草加市の人口は著しい増加をみてきました。終戦当初わずか5万人ほどであった草加市の人口は、現在ではおよそ25万人にまで増加しています。

  • 草加市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 草加市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 草加市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 草加市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ