草加市激安障子張り替えは和室張替ファクトリー!

障子といえば、日に焼けて変色してしまったり、お子さんが破ってしまったり、トラブルはつきものですが、1枚1400円(税込1540円)から商品がございますので、お気軽にご依頼ください。お金をかけたくない市営住宅の障子や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円障子の張替え

草加市期間限定キャンペーン
激安価格で障子の張替え

障子の張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
上についている小さい障子
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国対応しています障子お問い合わせからお支払いでの流れ画像
障子張替えの施工工程の様子画像

期間限定キャンペーン
激安価格であみどの張替え

あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
フリーダイヤル

障子の張替えを自分で行うのは難しい。

実際問題障子を自分で張替えをするのは難しい事が多い。折角障子を張替えしたとしても、糊がうまくくっついてなかったり、それが原因でシワやたるみが出てしまい、見た目が非常に悪くなってしまうケースも出てくる。
一年に一度は障子の張替えをすると良いとされているが、一年に一度の程度の少ない頻度だからこそ、そんな時には障子の張替えを専門にしているお店を利用して張替えをしてもらうと良いのである。専門店に任せれば、そのようなシワやたるみなどは全くと言っていいほどなくなる。
専門店には、それを生業としてしているプロが障子の張替えを行ってくれる為、仕上がりが美しい。失敗して、再度張り直しをする場合は、また新しい紙を購入する必要もあるが、そういった事も専門店に任せれば無いのである。
一年の一度程度の少ない頻度だからこそ、そんな障子の張替えを行っている町の張替え業者へ交換注文をして行くのが便利であり、手間が掛からなくてオススメだ。また、障子交換の工賃と、素材の代金を含めても一枚数千円ほどで安い。
失敗することで生まれる無駄な費用と労力を無くしたいのならば、やはり業者を利用するのが一番である。ちなみに、年末などの時期によっては非常に忙しいこともあるため、注文をするときには早めに予約を入れておくと良い。

メールでのお問い合わせはこちらから

草加市についての情報

草加市は埼玉県の、南東部に位置している市です。 草加市の面積は27.46平方キロメートルで、総人口数は2016年1月1日現在24万5878人となっています。 これは地方自治法の制度の一つである法定人口数が、20万人以上の都市が指定要件の特例市に指定されています。 草加市に隣接している自治体は川口市や越谷市、三郷市や八潮市や吉川市や東京都足立区です。 東京近郊という土地柄都内のベッドタウンとして、開発が進み昭和50年代後半から人口数は急増しています。 草加市の市の木は草加松原のクロマツが有名で、草加市のシンボル的存在となっていて、市の花はキクで市の木と花ともに市政15周年を記念して、市民公募によって制定されています。 草加市にはコナミ体育館がありオリンピック選手などが、練習の拠点としており体操教室や演技発表会なども行われています。 草加市の名産品は草加煎餅最が一大ブランドとして、全国的にも有名で市内には製造所や販売所が約60軒以上あり市民に愛されています。 またその他にはくわい、皮革製品やゆかたや地球儀なども有名です。 草加市の有名な景観スポットとしては国指定の名勝の、草加松原が有名で石畳が敷かれた遊歩道は市の木に制定されている、松並木が整備されていて車道には跨道橋の百代橋や矢立橋が架けられていています。

フリーダイヤル

草加せんべいなどの特産品がある草加市

埼玉県の東南部に位置する草加市は、市の南部が東京都と隣接している人口約25万人の市です。草加市の人口は、埼玉県で第6位です。草加市の特産品の1つは「草加せんべい」で、全国的にも非常に有名です。日本全国で食べられている米菓としての一般的な「せんべい」の原型は、この草加せんべいであるとも言われます。現在の草加市がある地域は、古くから稲作が盛んでした。この米を使って、せんべいが作られるようになったわけです。この地には江戸時代のころから「日光街道」が通っていました。江戸と日光を結ぶ道路です。この街道を通って、草加名物であったせんべいが江戸に伝わりました。むかしの日本は、長旅をする人々の間では「乾餅」(せんべいの原型のようなもの)を携え、お腹がすいた時にそれを食べました。草加に立ち寄る旅人たちは草加せんべいを乾餅のようにして携行したので、それが江戸でも知られるようになります。そして、江戸で人気が出ると、これが全国へと広まるようになりました。草加市の他の産物としては、浴衣や皮製品などがあります。この地域は、幕末のころから、さらし業や浴衣染めが南部地域を中心に栄えました。また、大勢の皮革業者が草加に移り住むようになったのは、1935年ごろのことです。第二次世界大戦中には衰退した時期もありましたが、ほどなくして朝鮮戦争の特需などもあり、革製の靴や鞄などの製造が再び活発化し始めました。

メールでのお問い合わせはこちらから

埼玉県草加市の交通面から見た立地環境

人口およそ25万人の草加市は埼玉県の南東部にある市です。同じ埼玉県の川口市、越谷市、三郷市、八潮市、吉川市と隣接しており、市の南部は東京都足立区とも境を接しています。東京の都心までは、直線距離にしてわずか15キロ程度です。現在の草加市が位置する地域は、古くから交通事情の良い立地環境にありました。草加の地には、江戸と日光を結ぶ「日光街道」が通っていて、江戸から2つ目の宿場町(草加宿)として栄えました。また、明治時代の後期(1899年)には、この日光街道にほぼ沿う形で鉄道(東武伊勢崎線)が開通します。現在、この東武伊勢崎線は、東京メトロ(東京地下鉄)の日比谷線や半蔵門線と相互直通乗り入れを実施しているため、草加市民にとっては非常に便利な存在となっています。このため、草加市は東京都のベッドタウンとしても発展してきており、東京都内の会社や学校に通う草加市民も少なくありません。草加駅から利用した場合、東京都の主要ターミナルの1つである渋谷駅までは乗り換えなしで行くことができ、その所要時間はおよそ50分です。また、東京駅まで行く場合は、まず秋葉原駅まで乗り換えなしで30分ほどで到着するので、そこからJR山手線に乗り換えて2駅目(約4分)となります。

  • 草加市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 草加市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 草加市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    1枚90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 草加市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ