松戸市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。お金をかけたくない市営住宅の襖や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円ふすまの張替え

松戸市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

襖の構造と襖が守る健康について

襖と言えば間仕切りとして使われる、日本の伝統的な扉です。部屋と部屋の間だけではなく、押入れの入り口としても使用されます。 襖が押入れの入り口に使用されてきたのにはわけがあります。 襖は構造上、その内部に空気を多く含んでおり、調湿効果があるのです。
空気は熱を通し辛いものですが、寒気を防ぎ、暑さを冷まします。押入れの中に入れている布団や衣服が湿気てしまう事を防ぐのです。 室内の湿気が多い時は水分を吸収し、乾燥した室内には水分を吐き出す、吸湿と放湿効果があります。
襖のこのような作用は構造だけではなく、表面に張られた襖紙の影響も大きいのです。水分と紙が影響し合うものである事はよく知られていますが、襖の表面に張られた紙が室内の湿度調整に役立っているのです。これは住人の健康にも大きな影響を与えます。
インフルエンザや風邪の予防には屋内の湿度管理が欠かせません。乾燥しすぎた室内はウイルスが蔓延しやすい空間であり、感染が起こりやすくなります。 また乾燥した部屋は人間の呼吸器を傷付けますので、同様に病気になりやすい環境なのです。
襖は住人の健康を守る為の大切な扉でもあるのです。 毎日吸湿と放湿を繰り返している襖が傷んでしまった場合は、速やかに張替えに出して下さい。刷新された襖は再び調湿効果を高め、住人の健康を守る上で最大の効果を発揮してくれます。

メールでのお問い合わせはこちら

演歌や小説の舞台にもなった松戸市

現在の松戸市のある地域は、江戸時代以前から水戸街道の宿場町として栄えてきました。1943年に松戸町が近隣の2村と合併し、松戸市が発足しました。二十世紀梨の発祥地としても知られる松戸市は、千葉県の北西部に位置しています。人口はおよそ48万人で、千葉県内では千葉市、船橋市に次いで第3位です。市内には6つの鉄道路線が走っており、交通の便に恵まれた環境にあります。市の西側を東京都と接していることから都心部への通勤率も高く、東京のベッドタウンとして発展してきました。 松戸市から江戸川を挟んだ対岸には東京都葛飾区があります。この両者の間を結んでいるのが、演歌でも有名になった「矢切りの渡し」です。ここは、「房総の魅力500選」および「日本の音風景100選」に選定されています。松戸市はまた、伊藤左千夫の有名な小説「野菊の墓」の舞台ともなった場所です。これにちなんだ「野菊の墓文学碑」は、松戸市の観光スポットの1つです。 なお、松戸市にゆかりのある著名人はたくさんいますが、とりわけ有名なのは、松戸市の第9代および10代の市長を務めた松本清氏です。同氏は全国的にも有名なドラッグストア・チェーン「マツモトキヨシ」の創業者です。

襖障子は襖紙を張り替えるだけで部屋の印象を変える事ができます

襖は長年使用していると、色あせたりほころびなどがでて部屋の印象を悪くしてしまう場合があります。しかし、この襖を交換するだけで部屋の印象を全く違う印象にも変えることができるのがこの襖のメリットともいえます。
通常、一般家庭にある襖の面積は一面850×1900mmで、とても広い面積があります。この面積に使用している襖紙を張り替えるだけで部屋の印象は大きく変わります。その襖紙をモダンの物にすればモダンな雰囲気に、華やかなものに張り替えれば華やかな雰囲気になります。
同じ家に何年、何十年と暮らしているとリフォームをしたいという思いは出てくるのではないでしょうか。しかし、リフォームには多くの費用を必要とするため簡単には出来ません。襖の張り替えは費用もあまりかけず部屋の印象を変えることができます。
家を建てたときには小さかった子供も大きくなり、結婚をするような年齢となれば、新しい付き合いも増えてきます。そんなときでも、家の印象を変えるために襖の張り替えはとても便利です。高級感のある物を使用すれば、部屋に初めて入る方の印象は高級感のある家と印象付けることもできます。
このように、張り替え一つで雰囲気を一変出来るのがメリットです。その家やその部屋に適した物を使えば、とてもいい印象を与えることができます。長年使用した襖紙の張り替えをして、部屋の印象を変えてみてはいかがでしょうか。

襖紙にはオシャレな襖紙ものもあります

襖というとどういうイメージを持っているでしょうか。洋風の建物や部屋が多くなった今では、襖と聞いて古い、昔の物というイマージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、最近ではこの襖紙も様々なインテリアに合わせることができるように種類も豊富にあります。 昔の襖というと、松や竹、梅といった縁起の良い物がモチーフにされたデザインが多く、今でもこのデザインはよく利用されています。しかし、若い方には受け入れにくデザインのようで、最近ではモダンなデザインやカラフルのデザインの物まで登場しています。モダンのもには、黒やグレーなど1色の色で配色され、インテリアにあわせた配色の物を選べば部屋の雰囲気が変わります。襖は面積も広く存在感があります。また、1色といっても和紙などの風合いがありインテリアの一部として若い方にも最適です。 また、この襖のメリットの一つに簡単に張り替えができるところです。襖わ取り外しが簡単にでき、張り替えも業者に依頼することもできますが、自分で張り替えることもでき、インテリアを替えたときや模様替えをしたときなど簡単に張り替えることができます。 襖は昔から日本で親しまれてきたものです。しかし、最近は若い方に受け入れらていない傾向があります。しかし、最近の物はオシャレなものも多く、襖に少し目を向ければ自分の部屋や家の雰囲気を気軽に変えることのできるアイテムとして利用できます。

千葉県松戸市の観光スポットにはどんなところがあるのか

千葉県松戸市には、さまざまな観光スポットがあります。たとえば、700年以上の歴史をもつ「華厳寺」もそのひとつです。火災を防いでくれるという「火防地蔵尊」や松戸七福神のひとりである「弁財天」などが祀られています。お正月には、火渡りの行事なども行われます。
松戸市では、「野菊の墓文学碑」もあります。これは、西蓮寺の境内にひっそりと建っています。伊藤左千夫という作家の書いた「野菊の墓」という小説にちなんで建てられた碑です。今では、松戸市の観光スポットのひとつになっています。
松戸市で自然の豊かな公園といえば、やはり「21世紀の森と広場」でしょう。バードウォッチングをして充分に楽しめる公園です。ただし、ペットを連れての入園はできないといった決まりがあります。バイクや自転車での入場も禁止されています。
松戸市での観光スポットには、「建設技術展示館」という建物もあります。この建物は、松戸市の一般市民や学生たちが見ても、建設技術がよくわかるように作られています。建設技術の歴史なども勉強できるふれあいコーナーまであるのが特徴です。
「松戸市民会館プラネタリウム室」も楽しめる観光スポットです。宇宙飛行士として実際に活躍した山崎直子さんも、このプラネタリウム室で宇宙への夢を育てたそうです。宇宙にある星の面白さなどを教えてくれる建物です。

松戸市と北総線などの鉄道路線について

松戸市は千葉県にある市です。松戸市内にはJR武蔵野線や北総線なども走っています。JR武蔵野線から北総線に乗り換える場合は松戸市にある東松戸駅を利用すると便利です。JR東日本で働きたい方はJRのホームページをご覧ください。
松戸市内には市役所があります。松戸市の職員として働きたい方は市のホームページをご覧ください。松戸市の職員は公務員です。松戸市を走る北総鉄道北総線に乗って乗り換えなしで都営浅草線の宝町駅に行くことは可能です。
松戸市に住んでいてもインターネット銀行やインターネット証券を利用する事は可能です。住信SBIネット銀行やSBI証券はSBIグループの一員です。SBIグループのSBI FXトレードはお勧めのFX取引の会社です。
松戸市内には新京成線も走っています。松戸新田駅には2007年になってから遠隔監視システムが導入されています。新京成線は松戸駅と京成津田沼駅を結んでいます。都営浅草線の沿線には宝町駅以外に新橋駅や三田駅もあります。
都営浅草線の新橋駅のホームにいると京成電鉄や北総鉄道が所有する車両も見かけます。松戸にいても大学通信教育の学びはできます。慶応義塾大学では低廉な学費で学べる大学通信教育を実施しています。三田駅の近くに慶応義塾大学の三田キャンパスがあります。

フリーダイヤル

東京のベッドタウンとして発展する松戸市

千葉県の北西部、いわゆる東葛地域に所属している松戸市は東京都葛飾区と江戸川区に加えて埼玉県とも境を接しています。縄文時代の遺跡や古墳が多数発見されるなど古くから松戸市周辺には人類が居住していました。松戸という地名の由来ははっきりとしていませんが、ヤマトタケルが東征した際に従者とこの地で待ち合わせをしたから「待つ里」となり、それが松戸に変化したという伝承が残されています。江戸時代には水戸街道の宿場町として栄え、江戸川の民営渡し船で演歌にも歌われた矢切の渡しもこの松戸市にあります。そして現在の松戸市は東京都に隣接するという地理的要因を活かしたベッドタウンとして大いに発展しています。千葉県内においては千葉市と船橋市に次いで3番目に多い50万人近くの人口を有しています。これは全国的に見ても政令指定都市・中核市・特例市のいずれにも指定されていない自治体としては最大の人口数です。また松戸市には大相撲の佐渡ヶ嶽部屋があります。大相撲の部屋はほとんどが東京にある中で、非常に珍しいケースです。かつては横綱となった琴櫻、大関として活躍した琴欧洲や琴光喜らが所属していて、現在は大関の琴奨菊らが奮闘しています。

メールでのお問い合わせはこちら

1943年に発足した松戸市

松戸市は東葛地域にある市で、1943年に松戸町、馬橋村、高木村が合併して誕生しました。1971年にはオーストラリア・ビクトリア州のホワイトホース市と姉妹都市提携を結びました。1999年に境界の変更が行われ、現在に至ります。古くは宿場町だった地域で、渡し船を待つ場所でることから「待つ里」と呼ばれるようになり、それが「松戸」に変化したと言われています。また、馬が多く飼われていたため「馬里」から変化したという説もあります。松戸市の名産品として知られているのが矢切ネギです。明治時代初期から生産されており、やや太めで甘いのが特徴です。ナシの生産も盛んです。松戸運動公園は松戸市を代表する公園で、50メートルプールや野球場、武道館など様々なスポーツ施設が完備されています。遊歩道が整備されているためジョギングもでき、遊具や砂場があるので子どもの遊び場としても利用できます。松戸市には観光名所も多くあり、風早神社もその一つです。この神社に奉納される獅子舞は市の無形民俗文化財に指定されています。松戸市にはJR常磐線や東武鉄道野田線など多くの鉄道路線が走っており、20の駅が存在するため交通の便が良いです。京成バスやちばレインボーバスも利用できます。

フリーダイヤル

千葉県松戸市について。

松戸市は東京の葛飾区や江戸川区に隣接していることもあり、東京のベッドタウンとして発展してきました。松戸市内における警察署は松戸警察署の他に松戸東警察署があります。松戸市に本社を置く主要企業にはマツモトキヨシホールディングスやエスピー産業の他、新京成フロンティア企画や小松プロモーション等があります。松戸市はホワイトホース市と姉妹都市の提携をしています。松戸市は提携都市として鳥取県倉吉市と交流が盛んに行われています。2012年2月3日に松戸市は愛知県小牧市と災害時の応援協定を締結しました。松戸市には社会人野球チームのヌーベルベースボールクラブや相撲部屋の佐渡ヶ嶽部屋の本拠地があります。鉄道路線としては常磐線や武蔵野線の他、新京成線や京成成田空港線等の複数の電車を利用することができます。路線バスでは松戸新京成バスや京成バス、ちばレインボーバス等を利用することができます。松戸市内の商業施設には伊勢丹松戸店やアトレ松戸店、ダイエー松戸西口店等があります。松戸市の祭事として、松戸花火大会やコスモスまつり、松戸宿坂川河津桜まつり等があります。松戸市の名所や旧跡には松戸神社や河原塚古墳、風早神社等があります。

メールでのお問い合わせはこちらから

千葉県松戸市について

松戸市は、千葉県の北西部に位置している市です。南北に流れる江戸川を西端とし、東部は下総台地が広がっています。松戸市の中心部は、古くから水戸街道の宿場町として栄えていました。松戸市は、市川市、柏市、流山市、鎌ケ谷市、東京都の 葛飾区、江戸川区、埼玉県三郷市に隣接しています。松戸市の人口は、2017年4月時点で487091人となっています。千葉県で千葉市、船橋市についで3番目に人口の多い市となっています。東京のベッドタウンとして発展し、人口は増加傾向にあります。松戸市は、1943年に誕生しました。千葉県で7番目に誕生しました。松戸市は、20世紀なしの発見地として知られており、なしの栽培も盛んに行われています。また、矢切ねぎの栽培も盛んに行われています。その他にも様々な工業団地があり、松戸市の経済を支えています。松戸市は、JR常磐線、武蔵野線、新京成電鉄、北総鉄道、東武野田線、京成成田空港線、流鉄流山線が走っています。都心へのアクセスも良好となっています。また、市の中心は、JR松戸駅となっています。松戸市の観光スポットは、松戸宿、小金宿、松戸神社、矢切の渡し、矢切神社、野菊の墓文学碑などがあります。

  • 松戸市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 松戸市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 松戸市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 松戸市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ