横浜市泉区のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。商品のお取り揃えも数多くございますのでまずはお気軽に無料お見積りをご依頼ください。難燃襖紙や防臭襖紙など機能性襖もございます。

1400円ふすまの張替え

横浜市泉区期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

自然保護に取り組む泉区

泉区は横浜市の南西に位置し、藤沢市・大和市と隣接しています。横浜市18区の中で特に農地が多く、田園風景ののどかな雰囲気も特徴です。また、南端付近には2014年に返還された深谷通信所跡地があり、2016年の時点では丸い形で残っています。18区中では14番目の約15.3万人(2016年9月現在)が泉区の人口で、前年同月や前月で比較すると若干減少する傾向です。減少とはいっても横浜駅や都心方面へのアクセスは容易ですので、環境を含めて利便性が高く住みやすい地域といえるでしょう。泉区内には横浜市営地下鉄ブルーラインと相模鉄道いずみ野線が走り、設置駅は9カ所です。区役所最寄りは泉中央駅で、横浜駅から約25分、東京駅からは約60分でアクセスできます。泉区の木に制定されているのは、サクラやキンモクセイなど合計6種類です。緑豊かな泉区でも木々が減少する傾向があるため、自然を大切にする意識の啓発や取り組みの一環として、区民投票を行った経緯があります。そんな泉区では、樹林や公園などの自然をメインにしたスポットが点在しています。南西の境界付近には都市公園の境川遊水地公園があり、野球やテニスといったスポーツと静かな自然景観が人気です。

メールでのお問い合わせはこちら

農地の面積が広い泉区

泉区は横浜市の行政区の一つで、1986年に戸塚区から分離して発足しました。市内では9番目に面積が大きいです。また、農地の面積は市内最大です。西部は藤沢市及び大和市に接しており、区内を境川や阿久和川が流れています。泉区では縄文時代の遺跡が見つかっており、古くから人が住んでいたことがわかっています。泉区には横浜市営地下鉄ブルーラインと相鉄いずみ野線が通っているため、旭区や港南区といった他の区へのアクセスがしやすいです。区内では横浜神奈交バスや相鉄バスも運行されています。泉区には「いっずん」というマスコットキャラクターが存在します。平成18年に区制20周年記念として作られたもので、胴体の部分が泉区の花であるアヤメの形になっているのが特徴です。着ぐるみも作られており、様々なイベントで活躍しています。天王森泉公園は泉区を代表する公園で、野鳥や昆虫の姿を観察できます。園内には横浜市の歴史的建造物に認定されている天王森泉館も存在します。元々は製糸工場として使われていた施設です。泉区には鎌倉郡観音三十三札所の一つである観音寺という寺院が存在します。ご本尊の聖観世音菩薩立像は秘仏で、33年に1度ご開帳されます。

横浜市泉区についての説明

横浜市泉区は、もともとお隣の戸塚区でした。のち、泉区となり、今では横浜市営地下鉄がいくつかの駅ができつながり、相模鉄道も通るようになり、どちらも藤沢市の湘南台駅に続いています。その結果、駅の周辺では、新築の戸建てやマンションが立ち並び、ファミリー層が増えています。泉区はまだまだ今後も新築の物件は増えていきます。電車だけではなく、バスもありますのでどこに行くにもアクセスがよく、戸塚駅につながっているので、そこから都心へとアクセスが可能です。また、いくつかの大きい公園があります。公園によっては、テニスコートや野球場などがあります。区民の憩いの場になっています。また、ショッピングができるお店も増えているので、暮らしやすいエリアになっています。道路も国道につながる道は工事をして幅が広くなっています。横浜新道が近くにあります。また、もともと農業をしているご家庭もあるので、地産地消の場所として野菜の直売所も数多くあります。自然豊かな場所として、幼稚園もほかのエリアと比べて園庭が広いの特徴です。泉区は幼稚園だけではなく、小学校や中学校なども豊富にあります。まだまだ進化するエリアとして、これからも注目の横浜市泉区になります。

芯材や下地から見る襖の違い。

" 襖には様々なタイプがあります。格調ある座敷や客間にふさわしい伝統的な本格襖から、賃貸住宅などでよく使われる大量生産でリーズナブルな襖まで多種多様です。これらの襖はパッと見ただけではそれほど違いはありませんが、芯材をはじめとする襖下地の造りに大きな違いがあり、耐久性や張替えなどの面で性能に差があります。  では、実際のところ、どのような襖、芯材があるのでしょう。まず、大きく分けて、襖紙の張替えが何度でもできる「浮かし張り」タイプと、襖紙を下地にボンドで接着する「ベタ貼り」タイプがあります。  浮かし張りタイプは総称して「和ふすま」と呼ばれます。和ふすまの基本形といえるのが昔ながらの「従来型」で、周囲カマチという木製の枠と障子の桟のように木を組んだ骨地に下張紙、胴張紙を張った下地が特徴です。この従来型を高級仕上げしたものが「本ふすま」です。また、従来型の骨地に耐水高圧紙をホットプレス機で張り上げたものや、荒く組んだ骨地の間にペーパーコアを入れたものもあります。  一方、ベタ貼りタイプでは、発泡プラスチックを芯材にした「発泡系ふすま」、数層の段ボール紙からなる下地の「段ボールふすま」、ペーパーコアを使った「ペーパーコア芯ふすま」があります。ベタ貼りタイプは大量生産でリーズナブルなので使い捨てで利用でき、入居者の入れ替わりが多い賃貸マンションやアパートなどによく使われます。

  • 横浜市泉区激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市泉区格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 横浜市泉区格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 横浜市泉区格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ