加須市のふすま張替えをお得にするには和室張替ファクトリーへ!

ふすまに黄ばみが出てきたり、ふすま紙がはがれてきたり、やぶれてしまったものなど、お気軽にご相談ください。補修ができるようであれば、補修させていただきます。お金をかけたくない市営住宅の襖や県営住宅の退去時の原状回復工事もお任せください。

1400円ふすまの張替え

加須市期間限定キャンペーン
激安価格でふすまの張替え

ふすまの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
上に付いている小さい襖
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記の場合は別途お見積りになります。
全国に提携店が有ります お問い合わせからお支払いまでのながれ
ふすま張替えの施工流れ画像
フリーダイヤル

襖の業者に襖の張替えを依頼することのメリット

襖の張替えをしたいという時には、プロの業者に依頼をするに限ります。自分で襖の張替え作業をするとなると、そのための道具を準備するところからスタートしなければなりませんが業者に依頼をすればそういった面倒な作業をする必要もありません。
また現在は、6か月間や1年間といった安心保障サービスを付けているところも増えています。せっかく襖張替えをしたにも関わらず、幼い子供が落書きをしてしまったという時や誤ってシミや汚れをつけてしまったという時にもこのサービスがあれば安心です。
初めて襖の張替えをするにあたり、その費用が心配であるという時には事前に見積もりを依頼すれば何の心配もありません。事前に襖の張替えにかかる概算を知ることができれば、いざ支払いの段になった時にも慌てたり焦ったりすることないのです。
またプロに襖の張替えを依頼をすれば大変スピーディーで午前中に引き取って張替えを行い、夕方には元に戻すといったことも可能であることから不都合がありません。プロならではの高い技術を専門的な知識で、美しく仕上げることができるのです。
そしてプロならば規格外の大きさにも対応をすることができることから、一般的な襖よりも大きいものの張替えをしたいという時にも安心です。たくさんの柄を用意しているため、自分の好きな襖紙を選ぶことが可能で人気となっています。

メールでのお問い合わせはこちら

加須市の暮らしについて

加須市は埼玉県の東北部に位置する人口11万人ほどの中規模自治体です。 鉄道は東武伊勢崎が通っており、隣接する久喜市でJR東北本線に接続をしています。 1時間弱で都内に出れるため、交通の利便性は決して悪くないのですが、本数が少ないため、自家用車をお持ちの方であれば、東北自動車道加須インターチェンジより上るほうが都内へのアクセスの利便性は高いでしょう。高速道路を使えば50分ほどで都内に入ります。 加須市の伝統産業、名産として、「こいのぼり」と「うどん」があります。 「こいのぼり」は、毎年ゴールデンウィークに全長100メートルを誇るジャンボこいのぼりを利根川の河川敷に掲げます。この時期の風物詩となっています。 「うどん」は、市内に手打ちうどんの専門店が点在しており、観光客のみならず市民もよく店舗で食べます。味は美味しいですが、やや濃口のつけ汁田舎うどんです。 加須市は都内までのアクセスの良さから東京通勤圏となっており、都内の会社にお勤めの方も多い一方で、埼玉県内随一の米どころでもあるため、田舎ののんびりさも残っており、ベッドタウンとしては最適な地域です。 最大のネックは市名である加須市(かぞし)と誰も呼ぶことができず、加須市(かすし)と呼ばれてしまうことでしょうか。

フリーダイヤル

埼玉県加須市の沿革や鉄道事情

埼玉県加須市は県の北東部に位置する市で、11万人以上の人々がここに暮らしています。埼玉県羽生市や鴻巣市、茨城県古河市、栃木県栃木市、群馬県板倉町など、7つの市町に囲まれています。自治体としての加須市の歩みは次の通りです。まず、1889年(明治22年)、北埼玉郡加須町が隣接する久下村と合併して、新しい加須町が誕生します。その後、1954年(昭和29年)には、加須町が同じ北埼玉郡に属する1町6村(不動岡町、三俣村、大桑村など)と合併することにより「加須市」が成立しました。1957年(昭和32年)には北埼玉郡大越村と合併し、市域をさらに拡大します。2010年(平成22年)、加須市が北埼玉郡に属する近隣の3町(騎西町、大利根町、北川辺町)と合併することにより、新たな加須市としてのスタートを切りました。次に、加須市の鉄道事情については次の通りです。1902年(明治35年)、東武鉄道伊勢崎線の加須駅が開業しました。また、1927年(昭和2年)には、同じ東武伊勢線の花崎駅がこの地に誕生します。現在では東武鉄道の日光線も加須市内を走っています。日光線の駅は市内に2つあり、市民の重要な移動手段として活用されています。

メールでのお問い合わせはこちらから

埼玉県加須市の地名の由来と観光スポット

11万人以上の人口を擁する加須市は、埼玉県の東北部にあって、市の北部は群馬県、市の北西部は栃木県、また北東部は茨城県と境を接しています。このように北関東の3つの県と隣接しているのは、埼玉県内では加須市だけです。さて、加須(かぞ)という地名の由来には諸説ありますが、次の3つが有力もしくは代表的なものです。まず1つ目としては、現在の加須市周辺の土地は古くは「加増」と表記されていた、という説です。「加増」は「かそ」と読みます。この地に新田が切り開かれ、石高が加増されたことに因む呼び名と考えられています。江戸時代(元禄時代)になって、これが「加須」へ改められた、というものです。2つ目は、利根川本流の「河洲」(かす)が「加須」に転じたという説、そして3つ目は、現在も加須市本町にある浄土宗の寺院「光明寺」を開いた加須内蔵丞長高という人物の名字に因んでいる、という説です。加須市内にある観光スポットの1つに「渡良瀬遊水地」があります。この遊水地は加須市のほか、県境を超えて栃木県、群馬県、そして茨城県にまで広がっています。遊水地の南西部に位置する「中央エントランス」の最寄駅は、加須市内にある柳生駅(東武日光線)です。ここから20分ほど歩くと、渡良瀬遊水池に行くことができます。

  • 加須市激安畳張替え
    期間限定2000円(税込2200円)~

    サイズ/1帖176cm×88cmまで
    半帖は1400円(税込1540円)~

    もっと詳しくみる

  • 加須市格安ふすま張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面1枚90cm×180cmまで
    天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

  • 加須市格安障子張替え
    1400円(税込1540円)~

    片面90cm×180cmまで
    欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

    もっと詳しくみる

  • 加須市格安あみど張替え
    1400円(税込1540円)~

    90cm×180cmまで
    ゴム交換は別途

    もっと詳しくみる

お客様の声

レビュー1
レビュー2
レビュー1
レビュー2
お電話でのお問い合わせはこちらから
施工件数の多さが自慢です!ビフォー・アフターの写真が混在していますが、日々張替え施工写真を追加しています。傷みがあっても一度ご相談ください、無料でお見積りにお伺いいたします。感染対策を行った上でお伺いいたします。
お問合せはお気軽にどうぞ